安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

「無定年時代」が来るらしいです。どう思われますか?

私はラジオ派で、ほぼ毎日、朝からJ-WAVEを聞いています。
もちろん家事をしながらの"ながら族"ですよ~。
先日もJ-WAVEをながら聞きしていたところ、別所哲也さんがナビゲーターを務める「TOKYO MORNING RADIO」の番組で、
「みなさんは『無定年時代』どう思われますか?」という問いかけが!!
ひぇ~。ええっ、なになに!?とラジオに向き合うと...。

どうやら『日経ビジネス10月8日号』の特集の話らしいのです。
確かに、新聞広告に「『無定年』時代 - 年金激減後の働き方」とありました。

いやいや、待ってよ~。「無定年時代」って・・・。

確かに私もセミナーや個別のご相談では、体が動くうちは、何らかの形で働き続けたほうが良いですね、とはお伝えしていますが、無定年時代」という言葉にするとインパクトが強すぎですよ~。と思ってしまった。

現在も60歳で一旦定年を迎えた後も、「再雇用」という形で、65歳まで会社で働き続けられるようにはなってはいますが、給料は60%もカットされるわけですよね。
そのような状況で「そのまま会社で働き続けるべきなのか」という問題もはらんでいる現状で、さらに70歳過ぎまで働く場を設ける企業が出ているのだとか。

それらはすべて、「公的年金だけでは老後を暮らしていけない」という現状があるからなのだ、というわけです。

まあね、確かに、公的年金は、減る一方ですものね。
1999年4月時点では、804,200円だったものが、2018年4月からの支給額は、779,300円ですもの(この間、少し上がったり下がったりはありましたが)。
この先人口が減って、景気もさっぱり上向かなければ、確実に年金の支給額に影響しますね。
すでに受け取り年齢も67歳からという検討がされますからね。
少なくても、資産が潤沢にない場合には、67歳までは働かなくてはならないわけですが、そのあと、皆さんはどうされますか?

アルバイトやパートで働きますか?
資格をとって、退職後は、フリーランスで働きますか?
今まで貯めてきた貯蓄で65歳以上は働かないプランですか?

皆さんは、定年後、何歳まで、どのように働こうと考えていらっしゃいますか?
皆さんの「働くこと」に対するお考えを聞かせてくださるとうれしいです。

以下のアドレスまで、「定年後の働き方」という件名で、お住いの自治体とおよその年齢(笑)を書き添えてお考えをお寄せくださいませ。
info@my-fp.net

先日は、ご相談に
もうすぐ教育ローンが終わって、5年後には、住宅ローンが終わるんです。そうしたら、再雇用の会社を辞めて、自分の好きなことを思いっきりやって、働こうと思っているんです。お金はそれでついてくる分でいいと思うんです。豊かな生活はできないけれども、ここからは、自分の第二の人生だと思って、いつまでできるかわからないけれど、やり切りたいです。家族への責任は、果たせたような気がするので、賛成してくれと、妻にそう話しているんです。完全に納得はしていないですね。ぶつぶつ文句言ってますよ(笑)。でもね、こればっかりは、譲れないんで、楽しく働いている姿を見てもらって、納得してもらうしかないと思ってます」
という方がいらっしゃいました。定年以降の人生が楽しみなのだとか。
素敵な計画ですね。応援したくなりました。

「人生は、百人百様」
定年後には、いろいろな働き方の選択肢があると思います。
様々な事情で、公的年金や貯蓄が少なく、「生きるため」に働くことが必要であっても、どうか、「誰かのせい」にすることなく、納得のいく「働き方」を見つけてほしいと思います。

ご意見をいただいたなら、また、このブログでフィードバックしていきたいと思っています。

★OurAge主催セミナーのレポート掲載★

「キラキラ老後をかなえるお金とエンディングノートの書き方」セミナーレポート

★週刊朝日(7月27日号)にインタビュー記事掲載★
「へそくりの暴き方」熟年離婚の財産隠しを防げ!

★ハルメク6月号にインタビュー記事掲載★
特集「夫婦のもやもや、スッキリ解消!今日から始める 幸せ老後への道」


★ 好評連載中!
【All Aboutマネー】
お金がなくても幸せ!老後を楽しむ70代の夫婦のコツ
54歳、モラハラ夫と熟年離婚を考える妻のお金の貯め方

【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
嗚呼ッ! 親が元気なうちに○○しとけばよかった...... きょうだい同士、子供時代の妬みや恨みまで再燃させる相続。 トラブル回避の決め手とは?
「住宅ローンを繰り上げ返済すると"老後貧乏"のリスクは......」 




★インタビュー記事もどうぞ!
【ママテナ】
老後資金の話です



【ファイナンシャルフィールド】

人生100年のビジョンマップ:心もお財布も幸せに生きよう!

月別カテゴリー

このページの先頭へ