安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

"お金持ち"になれなくても、"時間持ち"にならなれる!

先日、私が尊敬する生活評論家の吉沢久子さんが、どこかのインタビューでとても素敵なことをおっしゃっていました。

人は年を取ると誰もが「時間持ち」になるのだと。
(お金持ちにはなれないけれども、時間持ちにはなれるってユニークな発想ですよね)

その「時間もち」になったからこそ味わえる楽しみは、いくらでもあるのだと。
ね、ステキでしょ。

彼女は、1月に100歳に。
今でも、生活に関することをご自身の経験を踏まえて語ってくださる現役の生活評論家です


よく、他の人から「前向きだね」と言われるけれど、そうしないと毎日を暮らせなかったのだと思う。

つらい思いもしたけれど、愚痴を言ったりくよくよ悩んだりするのに、人生の残り少ない時間を使うのは、もったいない。
746345d6ba012a8f3332c4e971a060d2_s.jpg


年をとって初めて、夕日の美しさに気が付いた。
(洗濯をしなきゃ、夕飯をつくらなきゃ、ではなく)夕日が刻々と色を変えていく様子を心ゆくまで楽しむ。


年をとり、時間に追われることがなくなり、"時間持ち"になった。
"時間持ち"になったから味わえる楽しみは探せばいくらだってある。


これは、私の記憶と受け取った印象で書いていますので、吉沢さんご本人の言葉になると少し違うかもしれませんが、こういう考え方、大事だと思うんですよ。
きっと、好奇心旺盛な方なのだと思います。

さらに、こんなふうにもおっしゃっています。

「今日を一番よい日にする」ことをいつも心がけている。
過ぎたことはどうにもならない。同じ生きるなら、一日一日を楽しく生きていかなければ損ではないか。

何歳になっても、その先は経験したことがない世界が広がっているから、わからないことがある。
そう考えれば、100歳になった今も明日がくるのが、楽しみ。

ね!
どうですか?
私は吉沢さんのこういう考えに勇気をもらいました。


年をとるって、できなくなることを数えやすいんです。
「若い時には、こんなことできたんだけどなぁ」って。

でも、過去には戻れないわけ。
だったら、今を楽しみましょうよ、と。

大先輩にそういわれたら、もう、やるっきゃないわけで、明日も元気でわくわくしながら生きていたいと思うわけです。

辛いこともいっぱいあります。
悩みもいっぱい。後悔もいっぱい(笑)

そんな人生でも、生きているといろいろな発見もありますし明日への楽しみもあるんですよね。
そこに目を向けていこうと思うわけです。

ただ、吉沢さんがおっしゃる「時間持ち」という考え方、素敵なんですけど、まだ、そういう心境には、遠いかも。
まだまだ、ゆっくり夕日は見ていられないの(T_T)

だって、明日のセミナーのレジュメとか、ご相談の準備とかやることが...(笑)
(やれやれ)

目指せ、時間持ち!
頑張れ!私!

吉沢久子さんのご著書は、いっぱいありますが、近著では、こちらがお勧めよ♪
『100歳の100の知恵』
(100歳になっても、まだ、執筆なさって、本を出されるってすごいことですよね)


★「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中★
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします


★ご相談をご検討中の方へ★
いろんなお悩みを解決した方たちが、たくさんいらっしゃいます
ご相談にいらした方の声は、こちらでお読みいただけます
ご相談はこちらから


★ 好評 連載中!★

【All Aboutマネー】
「ミジメな老後」の原因?退職金の落とし穴とは
退職金の使い道で後悔!2200万円を4年で使い果たす


【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
「意外?相続でもめる家の遺産は○○万円以下が多かった!
54歳主婦、義父の遺した300万円を巡る夫と義弟の争いに疲れ果て......」


★インタビュー記事もどうぞ!★
【ママテナ】
老後資金の話です

【ファイナンシャルフィールド】
人生100年のビジョンマップ:心もお財布も幸せに生きよう!

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ