安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

「介護で親子貧困」「介護で親子共倒れ」「親が死んだらホームレス」という現実に

 
最近、気がつくと『婦人公論』を続けて読んでいました。
気になる言葉が載っていて、つい手にとってしまうと、「あら、また『婦人公論』ね」という感じです。
 
親の介護が理由で離職し、親の年金で生計を立てていたものだから、親が亡くなったとたんに生活が破綻してしまう・・・。
 
祖父母の面倒を、子供が看るか、孫が看るかで、迷った結果、子供世代は正社員、孫世代の若者はフリーターという状況下では、収入が安定している子供が働き、孫が祖父母の介護をする。
その結果、ただでさえ難しい若者がさらに就職困難になっていく・・・。
 
こんな話がたくさん載っていました。
 
相談を受けながら、このご家庭は危ういなと思うケースもしばしばありましたので、書かれている内容は「やっぱり、他にもあるよね、こういうケースは」という感じでした。
 
 
先日も こちらのブログ で、介護離職者が年間10万人いる、ということを書きましたが、日常的に介護をしている30歳未満の若者が、18万人もいるのだそうです。
 
しかも、その中には、学校に通いながら、(障害を持つ)兄弟姉妹の介護をしている生徒、児童も少なくない数、含まれているとか・・・。
 
ほんとうは、介護が大変なら、自治体などの福祉サービスを利用したり、地域のケアマネさんに助言をもらったり、ご近所のお友達や知り合いに助けを求めればよいのですが、地域とのつながりがないと、情報も入ってきませんので、上手に助けを求めることができません。
そして、介護に専念することで、職を失い、貧困に陥っていくのです。
 
 
介護と地域孤立、そして貧困。
 
それぞれは全く別の問題のようですが、実はかなり密接につながっているのだと思います。
貧困から救い出してくれるセーフティネットであるはずの生活保護も、どんどん縮小されようとしています。
 
 
このままいくと、弱者は貧困に陥っていくしかないのかなぁ・・・。
 
なんだか、悲しくなってしまいますね。
大変な世の中になってしましました。
 
老後は貧困になるケースは多いよ、介護は大変だよ、と煽りたくはないのです。
でもでも、現実は本当に厳しい。
 
だからこそ、知識や情報を手に入れて、「こんなハズではなかった」と困らない老後にしてほしいと思うわけです。
 
「うちは何とかなるよ」とのんきでいられるご家庭は、実は少ないんですけどね。
きちんと話し合ったりしている人は少ないです。
 
2025年には、65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になるといわれています。
がんで死亡する確率は男性25%(4人に1人)、女性16%(6人に1人)といわれ、高齢になるにしたがって、その率は高くなります。
 
誰もが、親の介護を経験することになると思っていたほうがよいです。
そんな時代なんです。
 
でも、後回し。
見たくない現実だから、「思考停止」状況にしているのかもしれませんね。
 
残念だなぁ。「親子貧乏」「介護貧乏」は、準備不足であれば、誰にでも訪れる可能性があるのになぁ。
 
読者の皆さんはおそらく、要介護適齢期の親を持つ子供世代の方が多いと思います。
 
親御さんが元気なうちに、しっかりと介護に関するマネー対策、認知症マネー対策を家族で考えてください。
そして、併せてあなた自身が、家族や子供に迷惑をかけないための老後マネー対策をしていってください。
 
あなたが40代であってもそれは今から準備、心がけておくべきことだと思います。
 
エンディングノートのセミナーに40代の方が参加するのも、友人や知人の親が亡くなったり、がんになって闘病や介護をするようになったと聞いたこともひとつのきっかけになっています。
 
老後マネーについては、早い段階で(40代くらいで)、ご自身の老後、親の老後を視野に入れて、情報を得、知識を得て、考え始めてほしいです。
 
私のところに相談に来てね、とは思いますが(笑)、私でなくても地元のFPさんとかでもよいので、考え方のアドバイスを受けてみてくださいね。
(しつこいようですが、私、遠隔地の方の電話相談も受けていますよ)
 
いやぁ、熱く語ってしまった。( *´艸`)
 
 
さて、話を戻しましょう。
 
子供が親の面倒を見る必要はあるけれど、子供は離職をして、自分の生活を犠牲にしてまで、親の介護をする必要はないはず。
 
親の介護は、子供である自分たちだけでなんとかしようと思うのは、もうやめてほしいなぁ・・・
 
大変なときは、周囲にSOSを出せて、そのSOSを受け止める人がいる、そんな世の中にしたいなぁ・・・
 
一人で背負い込まないための知恵を、しっかりと身につけてほしいなぁ・・・
 
そのために、一人ひとりが(どんなに若い人であっても)、老後マネーのことを考えてほしいなぁ・・・
 
・・・と思うのです(#^^#)
 
 
特に、契約社員とか、派遣社員、フリーランスといった、収入が不安定な人は、絶対に考えておいてほしい~!!!!!
 
諦めるのではなく、自分の力で未来を切り拓いていくために、ネ!
 
 
幸せには、「お金で解決できる幸せ」と「お金がなくても解決できる幸せ」がある・・・
 
そこを見極め、お金がなくても解決できる幸せにフォーカスをあてて暮らしていければ、案外ハッピーなのではないかと思うのです。
 
私のブログを読んでくださっている方には、将来、「こんなハズではなかった・・・」と思ってほしくありません。
ほんと、心からそう思うのです。
 
 
イザというときに慌てないための情報だけは、しっかり手に入れてください。
私も「大事だな」「これはみなさんに知っておいてもらいたい」と思う情報は、どんどん発信していきます!
 
 
 
イザというときに慌てないためのアレコレを
ギューっと詰め込んだ
「エンディングノート」にまつわるセミナー、
開催します!!
 
▼基礎編(11月12日開催)
 
★実践編は、11月19日10~13時に開催します。
 受講希望の方、予定をあけておいてくださいね。
 
「基礎編」は初めてエンディングノートを書く方が対象。
老後のマネープラン、任意後見制度の問題点、死後の生活品の処分の話まで、ノートを書くにあたって必要な情報をお伝えします。
 
「実践編」は「基礎編」を受講された方限定のフォローアップ講座です。
過去に他の私のエンディングノートのセミナーを受けたことのある方も参加OKで~す。
 
「エンディングノート」を実際に書いてみて、わいてきた疑問の解決をしていきましょう。
 
この機会に、基礎編と実践編を続けてご受講も大歓迎!
 
自分のエンディングのことを考えると、「自分が大切にしたいこと」をハッキリするので、今の暮らしや生き方が確実に変わります。
 
先送りするのはもったいない!
ぜひ、この機会に、私と一緒に「エンディング」について考えてみませんか。
 
▼セミナーにご参加の方の感想はこちら
 
98cacdf76a586e83f9160ae28e42be58_s.jpg
 
 
―――
■セミナーのご要望をお知らせください。
ご夫婦で聞きたいなら、プライベートセミナーがオススメ!
お仲間4名以上が集まる場に呼んでいただいたら、お邪魔してお話しすることもできますよ。
 
★下記の申し込みフォームの「連絡欄」に「開催希望日」や「プライベートセミナー希望」などと書いてご連絡ください。
 
★「老後マネー」のセミナーにご参加いただいた方の感想はこちら。
 
―――
■ご相談予約受付中!!
【創業20周年サンキュー企画】初回のご相談は2,000円OFF!
「安田に相談してみようキャンペーン」開催中です。
 
★こちらから、ご連絡をお待ちしています。
 
★「安田に相談をした方」の声も、ぜひ、お読みください。
 
★お願い
ご相談キャンペーンをやっているからでしょうか。
ご相談の方が増えています。
お急ぎの場合は、申し込みフォームの備考に、「お急ぎ」の旨をお書きください。
 
――― 
■新月と満月の日にメールマガジンを発行しています。ぜひ、ご登録くださいね。
――― 
■現在受付中のセミナーはこちらをご覧ください。

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ