安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

収入と幸せは比例する? 幸せを感じられる人になろう!

先日、「女性の富裕と貧困、そのターニングポイントは?」というテーマで取材をうけました。
 
年収1,000万円以上もあるバリバリに働いている女性もいるし、どんなに働いても実家から独立できない女性もいます。
 
ただ、「年収が多い=幸せ」ではないんですよねぇ。
年収が多くて蓄えもあるのに、将来に不安を感じている人もいるし、
年収が少なくても、その収入でできる暮らしをたっぷり楽しんでいる人もいます。
 
その違いはどこにあるのでしょうか?
みなさんは、どう思いますか? 少し考えてみてくださいね。
 
 
618406.jpg
 
私が思うに、違うのは、「ご本人の心のあり方」。
 
「ありのままの自分を認められる人」は、お金の多少にかかわらず、幸せな人
のような気がします。
 
そういえば、先日読んだアドラーの本『人生に革命が起きる100の言葉』という本にも、
不完全さを認める勇気
ということが載っていました。
 
「不完全さを認める勇気」とは・・・
「欠点のある私でも、それを克服できればOK」ではなく、「欠点のある私をそのまま認め、受け入れてOKを出す」ということです。
 
 
私はもともとの性格はどちらかというと、人より劣ったところをコンプレックスに感じてしまう、ネガティブ人間です。若いころは、そのことに気が付いていなかったので、今から振り返ると、子ども達にずいぶん多くのネガティブな言葉を発してしました。
 
でも、心理学を勉強するようになって、自分のネガティブさに気がつき、ずいぶん変わりました。
 
とはいえ、ネガティブさは、心のクセのようなものなので、油断するとすぐ出てきちゃいます。へへへ(>_<)
 
「あ~、無理、無理、できない!」って思ったり、
「なんであんなこと言っちゃったのかなぁ」とか、
思わず「そんなことだめだよ」って言ったりすることもあって・・・。
 
でも、ネガティブなところが出てきても、
あらまぁ、またネガティブに考えてるわ、私。
深呼吸、深呼吸。なんとかなる方向で考えてみよう。
大丈夫! 大丈夫!私なら乗り切れる!
と自分自身に言い聞かせるようにしています。
 
おかげで、ネガティブさにとらわれることがずいぶん減ったかな。
 
 
これをお金の話でするなら・・・
人より収入が少ない・貯蓄ができていない、というのは、確かに他人と比べると劣っているのかもしれません。でもそれをコンプレックスに感じて落ち込むのか、お金がないことをバネに頑張ろうと思えるのか。
 
あなたはどちらのタイプでしょうか。
逆境をバネに頑張れる人になれたらよいですよね。
 
 
「お金が貯まらない」とご相談にいらっしゃる方の多くは、他人と比べ、自分が貯蓄できていないことをコンプレックスに感じています。
 
でも、私はコンプレックスに感じることではないと思っているので、
 
(あなたの)お話を聞いて、頑張られてきたのだなぁ、と思いました。
 
『家計管理はこうしなくちゃいけない』と既成概念にとらわれすぎて、自分らしい家計のやり方でなかったのでしょう。どこかに無理があったのですね。
だからお金は貯まらなかった。
 
けれど、努力されてきたことは、私にはわかります。
これからは、自分らしいやり方でやっていきましょう。今までの頑張りを続けていけば、達成できますから。
 
自分の未来は自分のためのもの。自分で作るものです。
人と比べることはなくて良いのだと思いますよ
 
・・・とお伝えしています。
 
 
結局のところ、人はだれでも他の人から認めてほしい、という思いを持っています。だから、そうやってお伝えすると、顔がパーッと明るくなる方が多いかな。
 
お金の悩みは、単にお金の悩みではなくて、その人自身のあり方の悩みにつながっていることが多いです。
せっかくお仕事などで大変な思いをして手に入れたお金ですから、お金は幸せに使ってほしい。間違ってもストレス発散の散財だけはしてほしくないなあ、と思うのです。
 
―――
■セミナーのご要望をお知らせください。
ご夫婦で聞きたいなら、プライベートセミナーがオススメ!
お仲間4名以上が集まる場に呼んでいただいたら、お邪魔してお話しすることもできますよ。
★下記の申し込みフォームの「連絡欄」に「開催希望日」や「プライベートセミナー希望」などと書いてご連絡ください。
 
★「老後マネー」のセミナーにご参加いただいた方の感想はこちら。
 
―――
■ご相談予約受付中!!
お金に関するご相談は、対面だけでなく、電話、スカイプでも行っています。
遠方の方でもご遠慮なく。
★まずは、こちらから、ご連絡をお待ちしています。
 
――― 
■新月と満月の日にメールマガジンを発行しています。ぜひ、ご登録くださいね。

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ