安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

「本当の大切さは いなくなってからわかる」・・・3.11によせて

政府の対応はさておき、復興支援に対して、自分が何をしているかを考えると、実にささやかなことくらいしかできていません。
 
福島・浪江町の仮設住宅にボランティアで通わせていただいている以外には、大好きなお酒を飲む時に、被災地のものを選ぶ、というくらいですもの。
やはり、自分の中での「非日常」になってしまっています。
 
ボランティアでは、聞き取りをしていますが、なかなか「真の共感」までには至りません。
家族と家が流されてしまった「喪失感」と、浪江町の方のように、家があるけど放射能で家に戻れない、仕事も失った「喪失感」では、少し違うんだともいます。
どう向き合ったらよいのか、今も答えは出ないままです。
 
震災のことを考えるとき、BUMP OF CHICKEN の supernova という曲が頭の中に聞こえてきます。
 
8年も前に作られたのに、震災のことを歌っているかのようです。
 
「本当の大切さは いなくなってからわかるんだ」
「君の存在だって いつでも思い出せるけど 本当に欲しいのは 思い出じゃない今なんだ」
「君の存在だって 何度も確かめはするけど 本当の存在は 居なくなっても ここに居る」
「僕らの時計は 止まらないで 動くんだ」
 
胸の奥が熱くなってしまう歌詞が続きます。
チャンスがあったら、ぜひ、聞いてみてくださいね。
 
a0001_012733.jpg

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ