安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

母親の介護申請

母親の介護申請をしました。
感染性の胃腸炎で1週間の入院、退院も入院前のような体調には戻らず
一人では、医者に行くのもままならなくなりました。
降圧剤を飲んでも血圧が安定せず、1日の中で、170から110へとアップダウンを繰り返している状況では、それだけでも、体力が奪われているかもな~と思います。
一番困るのが、お風呂。
都営住宅の浴槽は高く、踏み台が無くては入れません。
退院後は、片足立ちをしているとふらついて、非常に危なく、浴槽の改修工事の必要を感じていました。
そこで、介護サービスなどで浴槽などの改修についての支給がないかを調べました。
母の住んでいる江東区では、介護保険以外の福祉サービスとして、要支援以上であれば、「高齢者住宅設備改修給付」があり、浴槽改修に約38万円の給付があります。
加えて介護保険の住宅改修費の支給(上限20万円)が出来れば、自己負担は少なくて済みそうです。
でも、それらは、すべて、介護認定を受けて、介護指定業者への見積もりをしてからでないと使えません。
勝手に改修してから、請求書を送っても介護サービスはされないのです。
介護申請自体は、簡単な書類ですが、ルールは複雑。奥が深いです。
江東区の給付も調べて分かったことで、姑は要介護1で、すでに何年も介護サービスを使っているのに、浴槽の改修などについては、まったく知りませんでした。
要介護とはいえ、人それぞれ、困っていることは違うので、介護サービスの使い方も違っていて良いとは思いますが、やはりどのようなサービスを受けられるのかの全容はきちんと把握しておくべきだと痛感しました。
知らないと損をしてしまう、のは、このようなところにもあるんですねぇ。
制度は上手に使っていかないと!

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ