安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

ゴールデンウィーク後の家計の引き締め! その2

先週のブログに引き続き、GW後の家計の引き締め方や、これからやってくる夏休み・レジャーを楽しむためにはどうしたら良いか?についてのお話です。

すでに使ってしまった支出、どう取り返す?

すでに使ってしまった支出は、どうやって挽回すればよいのでしょうか?
「ボーナスで補てん」「貯蓄の取り崩しで切り抜ける」なんて考えていては、ダメですよ。
それは単なる先送り。なんの解決にもなりません。

先日、ご相談にいらした方が「家計のドミノ倒し」と仰っていました。

ゴールデンウィークを乗り切るためにカード払いをしてしまうと、ボーナスが使えなくなり、ボーナスで払う予定にしていたものが、夏の家計を圧迫し...と、その後もその連鎖がずっと続いてくわけです。

だから、「ドミノ倒し」(+_+) 

そうならないために、家計の引き締め大作戦!開始です。
おそらく、5月分のカード払いの請求が来るのが、6月末~7月頭ごろ。
引き落とされるまでに、まだ少しですが、時間があります。

いまから「1~1.5カ月」が勝負!

クレジットの引き落としに備えて、少しでも残高を減らさないように「お金を使わない生活」に切り替えましょう。

では、どのくらい支出を抑えれば良いのか?
それは、あなたが「予想外(無計画)に使っちゃった分」です。

あなたの場合は、3万円? 5万円? 10万円?
いずれにしても、その分はいつもの生活の支出を減らすことで、カバーしていきましょう。

まずは、「3つの費目」をカット!
「洋服」「外食&レジャー」「交際費という名の飲み会」への支出は、この「2か月間はNG」です。

当然、バーゲンセールはあきらめましょう。お洋服は買えません。
外食もNG。お休みの日は、家でお楽しみください。

レジャーは、連休に十分楽しみましたね。図書館で読書しましょう。公園で日向ぼっこもいいですね。歩いていきましょう。飲み会?モチロン、お断りしましょうね。

鬼!じゃないですよ、私(笑)。

3~5万円の無計画な支出をした人のリカバリーを提案しているだけですよ~。
そうしないと「ドミノ倒し!」です。

まだまだ、足りません。さらに、支出を抑えていきましょう。

一番、家計を引き締めやすいのは食費。
食費は減らしすぎるとギスギスしちゃって家の中が暗くなるので、あまり減らしたくないところですが...。
でも「一番減らしやすいところ」でもあるのです。

最初にランチ代について。
この2か月間は、毎日のようにお弁当を持参していきましょうね。

朝、おかずを作る時間が無ければ、前の晩におにぎりを握るなり、白いご飯だけでも詰めるだけはしていきましょう。レタスもちぎって別の容器に入れておけば、翌日は、コンビニでおかずを買うだけで済みますね。

できれば週末に、お惣菜をまとめて作り置きをしておきましょう。2~3品でも十分です。「作り置きのおかず」って検索すれば、いっぱい作り方が出てきます。作り置きのおかずをお弁当に詰めれば、ランチ代はかなり抑えられますね。

毎日の食事も、お惣菜や加工食品に頼らず、野菜を中心とした、食材でお料理しましょう。旬の野菜なら、安くなっていますよ。健康のためにも、たくさん野菜を取りましょう。

ここまで読んでみて、「リカバリーするって大変」だということがお分かりいただけましたか?
でもね、今まで言ってきた家計のやりくりは、実は「無駄を省いてお金を貯める方法」でもあるんですよ。

気がつきましたか?
世帯年収500万円台で「お金を貯めている人の多くが実践している」テクニックなんです。

レジャーを楽しんじゃいけないって言っているわけじゃないんですよ。
楽しむなら楽しむなりに、「資金計画をしっかり立ててから楽しんでほしい」と思っているだけです。

ゴールデンウィークや連休でレジャーを楽しむのであれば、予め「その資金をどこから出費するか」までをしっかり考えておくことが、レジャーの計画だと思っていてくださいね。

例えば、

◎4月・5月のレジャー費を少し増やして、ゴールデンウィークに事前に確保し、その分、食費を少し減らす
◎12月のボーナスが残っている場合は、そこから一部を充てる

など。

この先、連休は7月にもあります。
夏休みもありますし、秋にも連休がありますからね。

楽しい時間を過ごすのは大事です。「楽しむな」とは言いません。
楽しんだ後に、クレジットカードの請求を見て、がっかりするような楽しみ方だけはしないでほしいなあと思うのです。

予定を立てて、予算を決めて、レジャー費を増やすなら、他を減らす。
これを心がけてくださいね~。

★ハルメク6月号にインタビュー記事掲載★
特集「夫婦のもやもや、スッキリ解消!今日から始める 幸せ老後への道」


★ 好評 連載中!★
【All Aboutマネー】
お金がなくても幸せ!老後を楽しむ70代の夫婦のコツ
54歳、モラハラ夫と熟年離婚を考える妻のお金の貯め方


【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
嗚呼ッ! 親が元気なうちに○○しとけばよかった...... きょうだい同士、子供時代の妬みや恨みまで再燃させる相続。 トラブル回避の決め手とは?
「住宅ローンを繰り上げ返済すると"老後貧乏"のリスクは......」


★インタビュー記事もどうぞ!★
【ママテナ】
老後資金の話です


【ファイナンシャルフィールド】
人生100年のビジョンマップ:心もお財布も幸せに生きよう!

ゴールデンウィーク後の家計の引き締め! その1

ゴールデンウィーク、皆さまどのように過ごされました?
楽しい思い出がたくさん出来たことと思いますが、反面お財布の紐も緩くなって、思っていたよりもお金を使ってしまった...。という方も多いことでしょう。

これから2回にわたって、ゴールデンウィークで、つい浮かれて緩んでしまった(笑)お財布の引き締め方をお伝えしたいと思います。「やってしまった...」な人は是非!お読みください。

まずは、「どれだけ散財したのか」を認識するところから!

「いっぱい時間が取れて片付けもできたし、遠くへも行けて楽しかったですぅ~」と、旅行に行ったり、近場のレジャー施設に遊びにいったり、外食をしたり、と楽しい時間を過ごされたことと思います。娘のように9連休だった人もいることでしょう。(私のように休まず働いていた人もいるとは思いますが、それでも、1~2日は、休めたのではないでしょうか?)

突然ですが、楽しかった思い出に水を差すようで申し訳ないけれども、この連休でいくら使ったか、把握していますか?
むしろ「把握していなくて、大丈夫ですか?」

例年、6~7月にかけて、家計相談が増えるんですね。

というのも、このゴールデンウィークにクレジットカード払いで散財したものが、請求書になって送られてきて、びっくり!
「ボーナスで払えるけれど、ボーナス払いにしていたものへの皺寄せが・・・。この夏、家族で旅行も計画しているのだけど・・・。どうしたらよいのでしょうか?」
というパターンの相談があるからなのです。

このように「しまった、散財しちゃった~(><)」と気が付くのは、クレジットカード払い分が引き落とされる6月末~7月上旬あたりなのです。
そこからアタフタして、ご相談に来られるわけですが、それでは「時すでに遅し!」ですよ。

クレジットカード払いの怖いところは、使った時と給料から引き落とされる時のタイムラグがあることで、その間に、楽しんで使ったことをすっかり忘れちゃうことなのです。

過去のご相談者の傾向を見ると、請求書が来るまでは、結構、能天気に構えていた、という人は多いです。

やれやれ。
旅行の計画はしっかり立てるけれども、支出するお金を事前に準備しておく人は、少ないんです。
宿も交通手段もクレジットカードで予約して、現地でもクレジットカードで払う。気分が高揚しているので、ついあれもこれも買ったり食べたり。
楽しむことは良いのですが、資金の計画性がないと、後から辛くなるんですよね。

ということで、今、すべきことは、この連休にクレジットカードで支払った「控え」の集計をすることです。

お幾らでしたか?

見たくない!なんて言っていないで、さっさと集計しましょう!!
だって、リカバリーしなくちゃならないんですから、まずは、現状の把握から始めないと。

その上で、5月後半から6月にかけての生活費を「ギューッ」と引き締めて、カードの引き落としに備えていくわけです。

家計の引き締め方や、これからやってくる夏休みに備えて、レジャーを楽しむためにはどうしたら良いかについては、次回に書きますね。

つづく

★ TV出演のお知らせ★

【NHKに出演します!】
5月11日(金)13:05~NHK総合
「ごごナマ 助けて!きわめびと『総集編 極意スペシャル』」に出演します。(以前に放送された「身の丈開業」でお伝えした極意の部分が再構成されての放送です。)
※大きな事件・事故等で番組が変更になる可能性があります。
詳細はNHK「ごごナマ」の番組サイトよりご確認ください。


★ 好評 連載中!★

【All Aboutマネー】
「ミジメな老後」の原因?退職金の落とし穴とは
退職金の使い道で後悔!2200万円を4年で使い果たす


【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
「意外?相続でもめる家の遺産は○○万円以下が多かった!
54歳主婦、義父の遺した300万円を巡る夫と義弟の争いに疲れ果て......」


★インタビュー記事もどうぞ!★
【ママテナ】
老後資金の話です


【ファイナンシャルフィールド】
人生100年のビジョンマップ:心もお財布も幸せに生きよう!

クレジットカードの不正使用にご注意を!

ゴールデンウィーク、いかがお過ごしですか?

私は、仕事してますよ~。
でもでも、合間を縫って、お楽しみをいろいろ計画中。

お銭湯行くでしょ。そのあともんじゃ食べに行くでしょ。
ジムも行くし、大好きな(佐藤)健君の出る映画「いぬやしき」も見ますよ~。
お洋服の断捨離もするし、お姑さんの家の大掃除もします。
あれま、あれこれ計画していたら、大忙しですわ(笑)。

さて、さて、
この連休で、旅行や美味しいものを食べた時、楽しいショッピングをした時におそらく、クレジットカード使いますよね。
楽しい時って、つい、気が緩んでしまうけれど、カードを使うときには、注意しないと不正使用されちゃうこともあるので、気を付けてほしいです。
34fc8580fc3c00fbc15c8ff7001ef57a_m.png
先日、ご相談に来られた方が、クレジットカードの不正使用の被害者になった、というのです。

不正使用に気がついたのは、請求書を見た時なので、実際には、どこでカードの情報が漏れたかは、確定できないけれども、使われた日にちから推測するに、仕事で海外旅行に行っていたときだろうと思う、いうことでした。

仕事が終わり、レストランでの打ち上げの際に、支払いのため、店員さんにカードを預けたそうです。そのときにカードの表と裏の写真を撮られて、カード情報が盗まれたのではないかとのことでした。
日本では、テーブル席でお会計する場合、店員さんにカードを預けることって、よくある光景ですよね。
デパートなどで買い物をした時にも、店員さんがカードを預かって、キャッシャーまで持っていくこともよくあることです。
でも、海外で、店員さんにカードを渡す行為は、NGですね。

ネットショッピングをやられる方なら、カードそのものが無くても、カードの暗証番号がわからなくても、カード番号、名前、セキュリティコードがあれば、ホテルの予約やお買い物ができてしまうことをご存知だと思います。

そうなんです。スキミングといった複雑な技術や道具がなくても、クレジットカードそのものを写真に撮れば、カード番号、名前、セキュリティコードなどがわかってしまいます。
それさえわかれば、なんでもできちゃいますね。(怖いわぁ~)

ご相談者の方は、たまたまカードの明細書を見た時に、とある地方の旅館から20万円の請求があったので、不正使用に気がつき、すぐに旅館に電話をして事情を説明しました。すると、明日、このカードで予約された方々総勢十数人がくることになっているというではありませんか。
旅行でその旅館に泊まりに来る人=不正使用をした犯人か!とおもいきや、そうではないらしいのです。警察にも問い合わせてはみましたが「宿泊客はちゃんと支払っていて、仲介業者が不正使用した可能性がある。宿泊客=犯人と断定できない」ので、旅行者を捕まえることはできないのだ、そうです。

確かに、そういわれてしまえば、それはそうですけれども、なんとも釈然としませんね。

結局、この方は支払いを免除されました。
旅館は宿泊客をそのまま受け入れ、丁寧にもてなすことになり、最終的にはクレジットカード会社が泣いた、ということのようです。

先ほども言いましたけれども、日本ではデパートやレストランなどで、決済時にクレジットカードを店員さんに預けてしまう場面がよくあります。
これは、相手を信用しているから成り立っているのです。

旅行先ではつい気持ちが大きくなりがちですが、クレジットカードを自分の見えないところにもっていってしまうような決済が気を付けたほうがよいです。

「そんな支払いをしてしまったかも・・・」という方、クレジットカードの明細をしっかり確認してくださいね。
(クレジットカードを使ったら、請求書の明細を確認するのは、基本中の基本ですよ!)

では、お互い良い連休を!

★ 好評 連載中!★

【All Aboutマネー】
「ミジメな老後」の原因?退職金の落とし穴とは
退職金の使い道で後悔!2200万円を4年で使い果たす


【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
「意外?相続でもめる家の遺産は○○万円以下が多かった!
54歳主婦、義父の遺した300万円を巡る夫と義弟の争いに疲れ果て......」


★インタビュー記事もどうぞ!★
【ママテナ】
老後資金の話です

【ファイナンシャルフィールド】
人生100年のビジョンマップ:心もお財布も幸せに生きよう!

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ