老後マネーについてのご相談の感想

実際にご相談いただいた方や、アドバイスを実践中の方、またセミナーにご参加いただいた方々の声をぜひお聞きください!

老後マネーについてのご相談の感想

「絶望的な老後」が「なんとかなりそう!」に変化。やりくり術を知っていることって、大事ですね。

あさこさま (女性40代・東京都在住)

収入アップ、でも貯金はゼロ。将来のことを考えると不安が募るばかりでした。

子育てがひと段落して、時間に余裕ができたこともあり、最近、パートタイムから契約社員になりました。収入が安定してきたので、将来のことを考えはじめたら、今度は不安な気持ちがどんどん沸いてきました。

というのも、私たちの世代は年金に頼れないですよね。今まで貯金もしてこられませんでしたし、老後はどうなるのだろうかと考えると不安だらけです。「どうしたらいいのだろう」「何かいい情報はないかしら」とインターネットで検索をしていた時に見つけたのが、安田先生のホームページです。安田先生のようにお金のことを相談できる人がいるということを初めて知り、この方なら信用できるのではないかと、すぐに相談に申し込みました。相談に迷いはなく、ほとんど即決でしたね。

漠然とした不安に、明確な指針が! おかげで気持ちが前向きになりました。

安田先生には、最近、契約社員になり、収入は増えたことで、扶養から外れたこと。また、福利厚生や社会保障は充実したのはひと安心ではあるけれど、今まで貯金をしてこられなかったため、先行きが不安で不安で仕方ない、というようなことを話しました。

相談の感想をひと言で表すと「こういうことでも、答えってあるんだ!」です。相談前、私は「老後は絶望的だ」と思っていました。漠然とした不安の固まりに押しつぶされそうな感じです。ところが、安田先生と話しているうちに問題点が徐々に明確になり、要所要所でいただくアドバイスが実行可能な明確なものになっていました。おかげで今は、「私の老後、余裕はないけれど、なんとかなりそう!」という前向きな気持ちになっています。相談前はと大違いです。

やりくり術を知るのって大事。大きな安心感を得ることがでました。

家計簿はずっとつけていました。でも、安田先生に「家計簿はつけているだけじゃダメ。お金を使っちゃってから計算しても遅いのよ。使う前に、何にいくら使ってよいのか予算立てをすることが大事」と言われました。今は、予算立てをするやりくり術を実践しはじめたところです。

食費は1週間で1万円と決め、透明のビニル袋に入れて残額が見えるようにしています。美容院には2ヵ月に1回のペースで行っていて、1回1万円なので、毎月5千円を美容院代として積み立てるようにしました。使う前に割り振ることで予算を立てたものについては「お金が足りなくなって困った!」ということがなくなりました。もちろん、家電の修理など突然何かが起きると焦りますね。でも、こういった急な出費も今後記録に残していけば、近い将来、突然のことへの対策用としての予算を立てることができそうです。こういうやりくり術を知っているのはとても大事ですね。相談はたった1時間でしたが、将来への自信につながるとても充実した時間になりました。

今は貯金ゼロですが、楽しみにお金を使いながらも貯金をする覚悟ができました。

ともこさま (女性50代・千葉県在住)

子供の独り立ち。嬉しい反面、老後に不安が...

子供が小さい時に離婚し、一人で育ってきましたが、そのひとり息子が昨年大学を卒業・就職しました。子供の独り立ちはとても嬉しかったのですが、手が離れたら自由になれると思っていたのに、実際にその時が来てみたら老後のことが不安で、友人に旅行に誘われても断るしかなくて、私はこの先も自分の人生を楽しむことができないのかしらと思うと苦しくて...。この状況をなんとか変えたいと思ったのが相談のきっかけです。

安田先生のお名前はどこで最初に拝見したのか覚えていないのですが、記憶にあったのでインターネットでホームページを探しました。ホームページの印象は気さくで、話しやすそうだと感じました。実際にお会いした印象は「意外と庶民的」。気取ることなく、上から目線でもなかったので、緊張することもなく普通に話すことができました。

「月1万円くらいは自分のために使ってよい」というアドバイス

正社員とはいえ、お給料はそれほど高くないですし、ボーナスも期待できません。月々の収支は、生活費でギリギリ、貯金をする余裕はありません。教育資金は子供が小さいときからコツコツ貯金してきたものを切り崩してきましたが、卒業と同時に使い果たし、今の貯金はゼロです。このままいけば、あと10年は働けますが、年金をもらえるようになるまでを考えると10年では足りません。こんなことを安田先生にお話し、私の状況を整理していただきました。

安田先生によると、わが家の生活費はこれ以上削る必要はない、とのこと。今まで、切り詰められるところはできるだけ切り詰めてやってきたことのあらわれだと思いました。そして、「これからは、月1万円程度は美容院や旅行など、私自身の楽しみのために使ってもいいのでは」という嬉しいご提案いただきました。ただし、そのためには、「月々の生活費は、私のお給料と息子が家に入れてくれているお金の範囲だけとし、赤字を出さないこと」が必須だそうです。

どうにかしないといけないと思っていた貯金については、「まずは月々の生活で赤字を出さないこと」に専念し、その生活に慣れ、余裕が出てきてからでよいとのこと。ボーナスも全額貯金ではなく、少しは楽しみのために使ってよというアドバイスもいただきました。

安心が得られるように、この10年でなんとかする覚悟ができました。

今まで切り詰めた生活をしてきましたが息子の教育費は何とかしてこられましたし、正社員でもあります。だから、このまま同じような暮らし方をしていけば、なんとかなるのではないか、という気持ちの反面、切り詰めた暮らしがずっと続くのかと考えると苦しくなることもありました。でも、安田先生のアドバイスでお金に対する意識が大きく変わりました。

今回、安田先生に「自分のためにお金を使っていい」と言われたことは嬉しかったですし、そのために何を守ればいいのかを教えていただけたのは、とてもよかったです。先生のアドバイスを踏まえ、自分のためにお金を使って楽しみながらも、お給料をもらえるこの10年の間で、貯金をして老後の安心を確実なものにする覚悟ができました。親が高齢になってきていますので、介護が気になります。親も私も元気なうちに、楽しみたいです。まずは旅行に行きたいと思っています。

「お金を使っていいですよ」というアドバイス。縮こまっていた気持ちに気が付きました。

ちはるさま (女性40代・埼玉県在住)

相談で元気づけられました。

40代、独身。そろそろ、これからのことが気になり始めています。
自分のもっている資産でこの先大丈夫なのか、保険に入っていないのも心配で、誰かに相談をしたいと思い、検索をしました。たしか、「ファイナンシャルプランナー」「東京」で検索したと思います。
そこで出てきたのが安田先生でした。
 
相談料が無料なところは、特定の保険に契約させられそうでイヤ。
独身女性という立場を理解していただきたかったので、女性のほうが相談しやすそう。
このような観点で、探したのです。検索で見つかった方は他にもたくさんいましたが、ホームページの印象で、女性の相談経験が多そうであること、資産のある・なしにかかわらず幅広い方の相談にのっていらっしゃる様子だったこと、そして、シティリビングの「OL知恵袋」のコーナーで回答をしていたことも覚えていたので、安田先生に決めました。
 
お会いした印象は、ひと言でいえば、「元気のある方」。ホームページの印象通りの方でした。「元気が出るお金の相談所」と掲げていらっしゃるだけあって、相談を通して、元気づけられました。熱心だなあと思いました。
 
 

投資は背中を押されました。保険は基礎知識から教えていただきました。

相談したのは資産運用のことと、保険のことです。
資産運用については、銀行などに相談をしていたのですが、それとはまったく違う投資先もあることを教わりました。あと、確定拠出年金については迷っていたのですが、安田先生から「それでいいと思う」という背中を押すような言葉をいただき、「やってみよう」と決心することができました。
 
保険については、今までまったく入っていなかったのが気がかりでした。
シングルなので、資産を残す必要はない。だから手厚すぎる保障は不要。
でも、誰も頼れないので、病気になったとたんに生活できなくなるもの困る。
だから、医療保険は厚めに、先進医療にも対応できたほうがよい。
このような保険を選ぶ際に必要な基礎知識を教えていただきました。最終的には、ファイナンシャルプランナーで保険代理店の方を紹介いただき、その方から特定の保険会社に偏らない複数のプランを提示してもらい、がん保険に入ることにしたところです。
 
 

プロに相談する安心感。不安から「お金を使ってこなかった」ことに気が付きました。

投資にしても、保険にしても、この手のことは情報収集をしても、本当に大丈夫なのか、不安を完全に払しょくすることがなかなかできないことが多いのですが、安田先生のような方に相談することで、プロが太鼓判を押してくれる安心感が得られることを実感しました。
 
安田先生には、「お金を貯めることばかり考えて、気持ちが縮こまっていませんか? あなたの場合は、楽しむために、少しはお金を使っていいですよ」と言われました。先生に言われるまで意識してこなかったのですが、私は、将来に対する不安が大きすぎて、お金を貯めることばかり考え、使ってこなかったことに気が付きました。今回の相談を通して、老後に対する漠然とした不安が多少すっきりしたように思います。どうもありがとうございました。

夫婦二人の話を根気強く聞いていただき、安心できました。

かずえさま (女性40代・神奈川県在住)

◎漠然とした将来像は見えているつもり。でも本当に、わが家は大丈夫?
夫が会社の研修で、今後の給与体系や退職金、年金額のことなどの話を聞いてきました。ある年齢になると給与体系が変わるとか、「役職定年制度」があるとか、そんな話です。おかげで、今後の収入面はなんとなく把握できました。
一方、支出面ですが、子供が大学生になり、教育費に一番お金がかかる時期がそろそろ終わり、この先の支出がある程度見えてきました。また、3年ほど単身赴任をしていた夫が戻ってくることになりました。単身赴任中は二重生活で生活費が膨らんでいたのですが、これからは支出も減っていくので、まあなんとかやっていけるのではないかと思っていました。でも、もしかすると、ほかにも老後の備えとして必要なことはあるのではないかという不安は残ります。そんなときに思い出したのが、安田先生でした。
安田先生のことは、著書『月5万円ムリなく貯めるシンプルな生き方』で知りました。私よりも夫のほうが真剣に読んでいましたね。そして、夫が安田先生に相談しようと言い出し、私も賛成したのが今回の相談の経緯です。
◎わかっていたつもり。でもたった2週間でも新たに気づくことがあるものですね。
単身赴任中は夫と私は別会計だったので、夫がどのくらいお金を使っているのかを、わたしはまったく把握していませんでした。娘の授業料や塾代など、なにかあるたびに貯金で補てんをしていたので、出費が多いという自覚はありました。でもその現実を直視したくないという気持ちもありました。
いまは家計の財布をひとつにまとめ、安田先生との相談をきっかけに、支出の把握のために家計簿をつける決意をしました。使っているのはスマホの家計簿アプリです。カメラ機能を使ってレシートを撮影すると、レシートの内容が自動的に入力されるタイプです。簡単で便利です。使い始めて2週間経ちましたが、想像以上に出費が多いものがいくつか見つかりました。短期間でもいろいろなことに気づくものですね。やってみてよかったです。
◎専門家の見立てにホッとしました。夫婦二人で同じ意識で進んでいけそうです。
家計のこと以外に気になっていたのは、貯金と生命保険の内容、そして確定拠出年金の3つです。
貯金については、安田先生から具体的な目標金額を月額で示していただきました。いま、それに向かって貯金を始めたところです。生命保険についての安田先生の見立ては「すごくよいとは言えないけれど、いますぐ別なものに切り替えるほど悪くもない」とのこと。確定拠出年金についても。生命保険同様「それほどボロボロではない」とのこと。特に確定拠出年金については、この景気ですから、ほとんど期待していませんでしたがそうでもないことがわかり、ホッとしました。こういうものは専門家に見ていただけると安心ですね。
最初に読んだ著書の印象から、安田先生は難しい話を素人でもわかるように話してくださる方だろうと想像をしていました。実際にお会いした印象もまったく同じ。私たち夫婦の話を根気よく、じっくり聞いていただけたと感じました。
ざっくばらんに、かつ、洗いざらい話せたことで、わが家のこれからの道筋が見えてきました。夫と同じ話を同時に聞いて、情報を共有できたのはよかったです。今後、二人で同じ意識をもって進んでいけると思うと安心です。どうもありがとうございました。

老後が不安で押しつぶされそうだった私が、相談で前向きに。

あきさま (女性50代・東京都在住)

◎先々の準備をする時期がきたと感じたことが、相談のきっかけです。
 
安田先生のことは、テレビで何度か拝見していました。何の番組かは忘れてしまいましたが、一度ではなく、何年かにわたって何回か、お見かけしていました。明るい雰囲気で、わかりやすく説明してくださる方という印象でした。
 
離婚をした直後に、社会保障の仕組みなど正確に知っておいたほうがよいと感じましたので、ファイナンシャル・プランナー(FP)の方に相談したことがありました。
それから14年経ち、私をとりまく状況が変わりました。母の介護や自分の老後など気になることもが増え、先々の準備をする時期がきたと感じた時に、テレビでお見かけした安田先生のことを思い出しました。
 
 
◎プロに頼んでよかった。相談で不安が解消。安心感が得られました。
 
自分の老後と母の老後のこと、そして、お金に関する現状の見直しについて相談しました。
今は情報があふれていますから、インターネットで探せば、いろいろな情報が見つかります。情報を眺めて、自分に合うところを切り出し、自分の状況にあわせてみると、おそらく、このようなことなのだと想像することはできます。でも、それで大丈夫なのか確信はもてません。
誰にも相談できず、不安でドキドキして押しつぶされそうになっていました。
 
安田先生に相談しても、すぐに私の状況が変わるわけではありません。しかし、短期・中期・長期にわけ、それぞれの期間でやるべきことの整理ができたので、かなりの不安は解消されました。
この先なにかが起きても想定していたことなら対処方法はわかります。もし、想定外のことが起きたら、また安田先生に相談すればよいという安心感も得られました。プロに相談しほんとうによかったです。
 
 
◎知ることが安心に。「元気の出るお金の相談所」の名前どおり、相談で元気になれました。
 
離婚した時も制度について調べましたが、制度はどんどん変わっていきます。古い情報に基づいて、準備・心構えをしても無駄になってしまうので、情報は定期的に更新していく必要があると思いました。
また、介護が始まる時、仕事を辞める時、年金暮らしになる時など、人生のステージによっても知っておくべきことは異なります。安田先生に相談し、「不安だから知りたいし、知ることで安心できるのだ」と感じました。
 
以前、体調を崩したことがあります。治療費はかかるし、収入は減るし、不安になりました。その時に、元気でないとなにもできないと感じました。たとえば、元気だったら節約は達成感につながりますが、元気でないと節約している自分がみじめに思えてしまいます。そう考えると、元気は大事ですね。
今回、安田先生に相談をして、うつむき加減だった私が、具体的に行動を起こせるようになれました。まさに先生がホームページに掲げていらっしゃる「元気が出るお金の相談所」という看板どおり、先生のおかげで元気になれたと思っています。

安田さんに出会えてよかった!

MYさま (日本に住むお母様の相続についてのご相談/アメリカ 西海岸在住)

この度は本当にありがとうございました。
スカイプミーティングのあとに、主人にから、「安田さんを探し当ててでかした!」と褒められました!
私も本当にラッキーだったと思います。
 
安田さんに相談することにしたきっかけは、ホームページのどこかに、安田さんが顧客の家まで出向いたり、時には一緒に食事をしながら相談に乗ることもある、と書いてあったことです。
本当に顧客のことを考えて仕事をしてくださる方なんだ、と思ったのが直接のきっかけでした。
 
特に海外に住んでいる私にとって、遠くに離れて住んでいる母のことがが頭にありましたので、「母に対してそのようにしていただければ私達でも相談できる!」と嬉しくもなりました。
 
それから、ホームページ全体からポジティブなオーラがいっぱいに伝わってきたことも大きかったです。
 
お金のことというと日本では特に、ネガティブだったりタブーだったり、はたまた深刻で真剣でと、あまりよいイメージがありません。
でも、安田さんのホームページからは、「ああ、この方に相談すると物事がいい方向へ向かうんじゃないか」と思えました。
明るく強くお金の問題に取り組める、そんなイメージが伝わってきました。
 
実際に、スカイプで直接安田さんとお話をして、私のこの直感は間違っていなかったぞ、と確信しました!
安田さんは心の支えになってくださる方だと思いました。
 
本当に本当に感謝いたします。これからしばらくは、ご相談さしあげた内容を消化していきたいと思います。
ありがとうございました。

相続相談で、将来安心。頼れる味方ができました!

あゆみさま (37歳/自営業/独身)

◎母との確執が遺産相続問題に発展

恥ずかしい話ですが、私はずっと実の母とうまくいってなかったんです。母は兄にべったりで、幼い頃から私が兄に暴力をふるわれても「あなたが悪い」と言われてきました。大学生の頃に父が亡くなったことで、ますます母と兄が密着し、私との溝が深まりました。

暴力や脅しのようなことが度々あったのがトラウマとなり、家を出てからも母や兄のことを思い出すだけで震えと過呼吸の発作を起こしていたので、実家とはなるべく距離を置くようにしていたんです。ところが、ある日突然「実印と印鑑証明、戸籍謄本を持って来い」と母から連絡がありました。

 

◎はじめて「ありえない話」を信じてくれた人

理由は、母と兄が暮らす実家を建て替えたいから。父が亡くなった時に、「遺産は全て兄に相続させ、妹(私)には現金500万円を渡した」という書類を母が作ったらしいのです。それで父の遺産の一部である実家の建て替えには、私が「500万円を受け取った」ことを証明する書類が必要だと言うんです。でも私はお金をもらっていないので、母の言い分には納得できません。

そこで法テラスの電話相談や、弁護士の無料相談に行ったのですが、「そんな親がいるわけがない」と信じてもらえなくて。そんな時、相続関連のセミナーをやっている安田さんに電話をしてみたんです。安田さんは最後まで話を聞き、「すぐに何とかしたほうがいいから、来週お会いしましょう。」と快く引き受けて下さいました。

 

◎強い専門家を選び、間に入って交渉してくれる頼もしい味方

最初は、安田さんの懇意の弁護士を紹介されるのかと思っていました。でも安田さんは、身内の対立に強い弁護士さんを5人リストアップして各々の特徴を説明し、どの方に依頼するか一緒に悩んでくれました。そして、頼みたい順位を決め、その場でアポイントをとってくれたのです。

弁護士事務所にも同行してもらったのですが、事前に弁護士さんと安田さんが打ち合わせておいてくれたので嫌な話を繰り返し話さずにすみました。私が直接言いづらいことは、全て安田さんに代弁してもらえ、心強かったです。

 

◎心理面でもアドバイス

これから始まる裁判所での調停にも安田さんが同行して、私をサポートしてくれます。またトラウマを克服すべく、カウンセリングを受けることも勧められました。ここまで親身になって味方していただけるなんて思ってもみませんでした。今までの胸のつかえがだいぶ取れたような気がして、安田さんにとても感謝しています。

相談して自分が変わった!

よしえさま (60歳/主婦/夫と2人暮らし)

◎この生活をいつまで続けられるか不安・・・

ぜいたくな話なんですが、特にお金には困っている訳じゃなかったんです。夫が会社役員で、結構な額を渡してくれていますし。だから旅行に行ったり、お友達と食事に行ったり、不自由なく日々楽しんではいるんです。でも時々、「この生活をいつまで続けられるのかしら?」って不安になるんです。
変な話ですが、夫が急に亡くなったり、役員をクビになって収入がなくなったり、それよりも突然離婚を言い渡されたりしたら、私、どうしたらいいのかしらって。

 

◎最初の電話でお会いすることを決めました。

だから「マム倶楽部」も読んでいて。まゆみさん、お金の事以外にも色々相談に乗っていらっしゃるので、気になって「安田まゆみ」でインターネットを検索してみたんです。他のライフプランナーの方のHPも拝見したんですけど、まゆみさんのHPが一番色んな事が書いてあって、顔立ちもハッキリしていて美しく印象がよくて。
だから思い切って連絡してみました。そうしたら1回目のお電話から、とてもハキハキチャキチャキお話しして下さったので、銀座で直接お会いすることを決めちゃいました。たまには銀座をブラブラしながら、大事な事をちゃんと考えるのもいいかなって思って。

 

◎「私のルール」を作って、安心して使えるように。

相談していくうちに、むなしい「死に金」を使うことがなくなりました。
今まで自分の好きなようにお金を使ってきて、誰にも文句を言われたことはなかったけれど、なぜか満たされなくて。
以前は「お金の貯め方」や「袋分け」の方法などを知っていてもできなかったんですが、まゆみさんが具体的に1つ1つやり方を教えてくれて、その中で、できることから「私のルール」を作っていきました。月々の支払い分と貯めておきたい分とをあらかじめ分けて、残りを好きなだけ安心して使えるようになったんです。
そうしたら不思議と不安がなくなって、愚痴や人の悪口も言わなくなったし、夫が残してくれることをアテにしなくても、生きていける自信がついてきました。自分が変わってきているのを感じます。本当に、まゆみさんには感謝、感謝!です。

  • 1

このページの先頭へ