セミナー(エンディングメッセージ)の感想

実際にご相談いただいた方や、アドバイスを実践中の方、またセミナーにご参加いただいた方々の声をぜひお聞きください!

老後に向けた自分の資金を把握し、老後マネー設計書を作りたいです。

MAさま (【老後マネー計画に必要なエンディングノートの使い方・書き方】にご参加(40代・女性))

たいへん満足しました。参加してよかったです。

いろいろなお話を聞くことができて、大変参考になりました。
老後に向けた自分の資金を把握し、老後マネー設計書を作りたいです。

エンディングノートに書くべき項目がこんなにあるとは知りませんでした。

YRさま  (【老後マネー計画に必要なエンディングノートの使い方・書き方】にご参加(40代・女性))

老後マネーを考えるうえで、エンディングノートが必要だということがわかりました。

エンディングノートに書くべき項目がこんなにたくさんあるとは思っていませんでした。
老後マネー設計書や、老後に向けた自分の資金の把握、老後の財産管理、終末期の介護と最期の迎え方、葬儀の希望、自分の財産の遺し方、親の財産管理
など、あらゆることで活用したいです。

最近、保険の見直しや健康チェックなどもはじめているので、一緒に少しずつ進めていければと思いました。

肉親であっても話しにくいお金のことでも、エンディングノートを介すれば共有できますね。

TYさま (【老後マネー計画に必要なエンディングノートの使い方・書き方】にご参加(50代・女性))

自分自身のお金よりも両親と実家の土地などについて考えていることがあって、今日のセミナーに参加しました。
お金のことは肉親であっても腹を割って話せないものですが、エンディングノートを介すれば、大事なことを家族で共有できると感じました。

老後マネーを考えるうえで、エンディングノートが必要だということがわかりました。
特に、老後マネー設計書や、老後に向けた自分の資金の把握、親の財産管理にエンディングノートを活用したいと思います。

満足度の高いセミナーでした。
どうもありがとうございました。

初めてですが、エンディングノートを書いてみようと思います

【老後マネー計画に必要なエンディングノートの使い方・書き方】にご参加のみなさま

『老後マネー計画に必要なエンディングノートの使い方・書き方』にご参加のみなさまのご感想をご紹介します。

◎初めてですが、エンディングノートを書いてみようと思います
◎これから大変だなぁと思いました。少しずつ片づけていかないとですね。
◎知ってそうで知らないことを学べてためになりました。
◎2時間はあっという間でした。もっと自分でも勉強しようと思った。ありがとうございます。
◎大変満足した。(3名)

ケアマネとして、仕事にも活かせそうです。

WYさま (【一緒につくりませんか「エンディングノート」<基礎編>】にご参加(女性45歳))

ケアマネをしています。

老後や、介護生活、そして、その先のお話など、私自身にとってだけでなく、仕事で関わっている介護施設のご利用者さまにとってもためになるお話だったと思います。

本当に勉強になりました。

まずは、自分の老後をイメージします。

NYさま (【一緒につくりませんか「エンディングノート」<基礎編>】にご参加(女性42歳))

分割協議のためには、亡くなった本人の、生まれてから亡くなるまでの戸籍をすべて取得する必要があるということにビックリしました!!

 

まずは、自分の老後をイメージして、何をどうしたいのかを考えたいです。

そのうえで、エンディングノートをしっかり書き記したいと思いました。

自分で考え、備えたら、プロに頼む...が安心ですね。

KIさま (【一緒につくりませんか「エンディングノート」<基礎編>】にご参加(女性42歳))

これからのことについて考え、備えておくこと。そのうえでプロに頼むのが安心だと思いました。
 
セミナーを聞いて、具体的に何を用意し、考えておけばよいのかが理解できたので、早速エンディングノートを書き進めることができそうです。
どうもありがとうございました。

エンディングノートの大切さを伝えたいと思います

NMさま (【一緒につくりませんか「エンディングノート」<基礎編>】にご参加(女性70歳))

「家族信託」「任意後見」の重要さを認識しました。
母や家族、友人たちにも、エンディングノートの大切さを伝えたいです。
 
大変参考になりました。これからもよろしくご指導ください。

このページの先頭へ