ご相談料金

初回相談の場合はメルマガ読者限定のサービスがございます。継続サポートは、都度お見積りを出し、ご相談しながら進めます。明朗会計がモットーです!

ご相談料金表(税別)
家計相談 1時間 10,000円
老後マネー相談 2時間 25,000円
「親の財産管理」相談 2時間 25,000円
おひとり様のライフ&マネー相談 1.5時間 20,000円
離婚相談 1時間 10,000円
その他 ライフプランに関する相談 1時間 10,000円

なお、初回相談の場合は、相談料から5000円値引きいたします。
メルマガの登録をお願いいたします。

上記料金は、銀座のオフィスにてご相談を承る場合(日曜日・祝日を除く、10時から20時半まで)になります。体調面やご家族のご事情で、ご自宅に伺う場合は、別途、出張費用と交通費の実費をいただいております。ご相談のお申し込みの際にお問い合わせください。なお、ご自宅に伺う場合には、日曜日・祝日に関係なくご相談が可能です。

  • お問い合わせ以外のメールでのご相談は承っておりません。
  • 体調不良や遠隔地の方の場合、電話やスカイプ等無料の通信手段を使って、ご相談を承ることができます。
  • ご相談時間が伸びた場合には、時間に応じて、延長料金をいただきます。
  • このほか、ご相談にいらした方限定の「"貯まる体質改善"のための年間サポートプラン」、「"老後マネー設計書"作成のための年間サポートプラン」もございます。
  • 離婚協議書作成のためのサポート、相続対策のサポート、遺言を作成するためのサポート、任意後見契約を作成するためのサポート、個人信託を組成するためのサポート、親御さんやご本人の財産管理等の問題解決に向けた全般的なサポート等の個別の顧問契約もございます。案件ごとに最適なサポートを検討します。場合によっては専門家とのネットワークを使って、チームでサポートとなることもございますので、詳細は、面談でのご相談の際にお尋ねください。

ご相談事例

1)贅沢をしていないのにお金がたまらないというご相談でいらしたS子さんの場合(家計相談)

半年後には目標の貯蓄額が貯められるように!貯まらない家計から脱出!!初回のご相談で、支出の見直しをして、貯まらない原因を探しました。努力はしていたのですが、お金の使い方の考え方や、やりくりの方法が少し違う方へ行っていただけでした。

貯まらない家計から、脱出するために、予算を立てる方法、予算を守る方法についてお伝えし、その場で、これからの予算を立てました。

S子さんは、50代。もう、老後マネーを作るのに、待ったなしの状況であったために、1年間の「貯まる体質改善」のためのサポートプランを申し込まれました。
家計簿は付けずに、予算表を作って、袋分けで管理。決算と気づきのレポートを毎月続け、その間は電話やメールでサポート。約3か月でいままでよりも貯金ができるように。さらに半年後には、目標の貯蓄額が貯められるようにまでなりました。

かかった費用は、初回相談料と年間サポート料金ですが、貯蓄額はその5倍。はるかに上回るものになりました。

2)老後マネー設計書を作成したK子さんご夫妻の場合

K子さんご夫妻(46歳、43歳)は、共働き。お子さんがいません。定年退職後は、のんびり地方にでも行って暮らしたいと考えています。田舎暮らしも含めて、のんびりとした老後はどうしたら実現できるかというご相談でした。そこで、ご夫婦で理想の老後生活を描いてもらい、その生活にいったいいくらかかるかをシミュレーションしていきました。

さらに、40年後まで長期の未来予想年表を作ってもらい、5年ごとに、どのような暮らしになるのか、何をやっていくのかを話し合って、イメージを固め、最終的には、老後マネー設計書を作って、これから貯めるお金の目標も作りました。3年に一度は見直すことを決めて、ご相談はそこで終了。

ご相談は面談は3回、電話でのフォローは毎月。10か月ほどかかりましたが、お二人とも非常に前向きになり、その間に、目標をはるかに超えるペースで毎月の貯蓄ができるようになっていきました。
かかった費用は、初回相談料と老後マネー設計書のサポート費用でした。

3)自分の老後マネーについてのご相談に来たおひとり様のY子さんの場合

初回は、ご自身の老後マネー相談にいらしたY子さんですが、おひとり様ならではの老後に起こるリスクマネジメントについてお話ししたところ、ご両親の今後についても併せて相談をしたいということになって、2回目は、ご両親のご自宅へ伺うことになりました。

ご両親は、認知症になったときの財産管理について不安をお持ちでしたが、考えがまとまらないということで、エンディングノートを一緒に作ることから始めました。作成をお手伝いして2か月後には、やるべき課題が明らかになり、任意後見契約、個人信託、遺言の作成をお手伝いすることになりました。

かかった費用は、Y子さんの初回相談料とY子さんのご両親へのご相談の出張料。その他、任意後見契約、遺言の作成サポート費用、個人信託はチームで対応しますので、その費用が必要となりました。

このページの先頭へ