公式メールマガジン

女性を応援するマネーセラピスト安田まゆみが、「元気に笑顔で暮らすためのお金との付き合い方」をお伝えするメールマガジンです。

「死後離婚」ってご存知ですか?【第124号】

みなさま、おはようございます。
安田まゆみです(^^)
http://www.my-fp.net/profile/


集英社の『OurAge』というサイトで「女50歳からのキラキラ老後計画」というタイトルを連載はじめました!

もうご覧いただけましたか。
http://ourage.jp/column/topics/102057/

2回目も公開になっています。
http://ourage.jp/column/topics/101272/

で、驚いたことに、記事が人気ランキングにも入りまして、こんなことになっています。
http://www.my-fp.net/blog/2017/04/000715.html


連載に登場する「48歳の専業主婦K子さん」と一緒に、みなさんも、未来予想年表を作って、予想貯蓄残高をシミュレーションしてみてくださいね。

ところでみなさん。
「死後離婚」という言葉をお聞きになったことはありますか?

雑誌やNHKでも取り上げていたりするのですが、実は、これ、「姻族関係終了届」のこと。
実際は、配偶者が亡くなれば離婚はできないのですが、配偶者亡き後、配偶者の両親や兄弟姉妹の「姻族」との関係を断つことの造語です。

私がこの「姻族関係終了届」を知ったのは、今から10数年前。
夫が自殺したというA子さんがご相談にいらしたときに
-------------
夫の両親から、息子が自殺したのは私のせいだと言われて、お葬式中にも責められて、辛い思いをした。
義父母とは縁を切りたいのだけど、息子のこともあるから、我慢するしかないと思っている。
-------------
とおっしゃったので、何かよい方法はないかと探して、見つけたのがこの「姻族関係終了届」でした。


【「姻族関係終了届」とは?】

結婚をすると配偶者の両親や兄弟姉妹と姻族関係になり、離婚をすれば、婚姻関係は自動的に終了します。

しかし、配偶者が死亡した場合は、夫との婚姻関係は終了しますが、夫以外との姻族関係はそのまま。
これを解消するのが、「姻族関係終了届」です。

そして、こんな特徴があります。

◎本人の意思だけで提出できる(義父母の了承は不要)

◎夫本人と離婚しているわけでないので、相続や遺族年金の権利は侵害されない

◎(A子さんの場合)息子が持つ「祖父母の財産の相続権(代襲相続)」へも影響がない

A子さんのように、夫亡きあと、夫の両親や親戚と縁を切りたいのならば、姻族関係終了届を提出すれば、姻族関係は解消することができるのです。
A子さん、さっそくこの制度を利用されましたよ。

ただ、息子さんは夫の両親とは血縁関係になりますので、こうした形での縁を切ることはできません。

「姻族関係終了届」の提出件数がこの約10年で、2006年→1854件、2015年→2783件と約1.5倍になっているのだそうです。

夫亡きあとであっても、姻族であることを理由に身寄りの一人に数えられ、介護などに携わることを暗に求められがちです。
しかし、夫の両親との関係がうまくいっていないと、すんなりと受け入れることはできませんよね。

加えて、大介護時代に突入します。

少子化で、一人っ子同士が結婚して、妻だけに介護を任せる。
そんな状況が続いていると、夫の死後、介護を任されそうな親族がいる場合、負担の大きさを懸念して、こういう制度を使ってでも、夫の両親や親族と縁を切りたいと考える方がいるのも当然だと思います。

実際のところ、こうした手続きをとらなくても、法律上は、配偶者に義理の両親を扶養する義務はないのです。

でも、夫の死後も「長男の嫁だから」(かく言う安田も長男の嫁です~)と、ことあるごとに言われ続けたのでは、やるせない、ですものね。


私が調べたのが、10年ほど前でした。
その話をどこかに書いたら、その後、「安田さんの記事を読んで、姻族関係終了届を出しました」とお知らせくださった方がいました。

当時はそんな感じだったのですが、10年で認知度がずいぶん上がってきたのだなあと思います。
今後はますます、この制度を利用する方が増えていくのかもしれませんね。


【宝探し、捜索隊!】
アルツハイマー型認知症の姑の「あるもの」がなくなりました。
1時間かけて夫婦で探しても見つかりません。やれやれ......。

安田の介護日記、お読みくださいね。
http://www.my-fp.net/blog/2017/04/000714.html


*.♪。★*・゜

お金にまつわる不安は、どんなことでもご相談くださいね。
対面だけでなく、電話、スカイプでも行っています。
▼お問い合わせはこちら
https://www.my-fp.net/contact/

▼ご相談にいらした方の感想はこちら
http://www.my-fp.net/voice/20year/

▼プライベートセミナーも承ります。くわしくはこちら
https://www.my-fp.net/seminars/entry/2015/000128.html


*.♪。★*・゜

▼お金にまつわるちょっとしたお悩み、メルマガへの感想をお待ちしています。
mail.m@my-fp.net

最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!
本日のメールマガジンはこれにて、おひらき♪
また来週、お会いしましょう。それまで、お元気で(^^)
━━━━━━━━━━━━

本メールマガジンは、メルマガの配信登録をしていただいた方や、安田まゆみのセミナーに参加された方、安田まゆみと名刺交換をさせていただいた方にお届けしています。
今後、このようなお知らせが不要な方は、お手数ですが、下記サイトより、メールアドレス登録解除をお願いします。
────────────
◇『元気が出るお金の相談所』公式メールマガジン
────────────
発行 有限会社マイプランニングオフィス
住所 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
電話 0120-8666-37(フリーダイヤル)
────────────
◇メールでのお問い合わせ
mail.m@my-fp.net
◇ブログ
◇Facebook
────────────
このメールマガジンの本文を許可無く転載・引用することは、著作権もありますので、固くお断りします。
━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) My Planning Office

このページの先頭へ