公式メールマガジン

女性を応援するマネーセラピスト安田まゆみが、「元気に笑顔で暮らすためのお金との付き合い方」をお伝えするメールマガジンです。

「まゆみの介護体験記」お届けします【第113号】

みなさま、おはようございます。
マネーセラピストの安田まゆみです(^^)
 
 
今日のメルマガは「まゆみの介護体験記」。
 
私自身が体験している「アルツハイマー型の認知症で要介護2のお義母さん」と「心臓病を抱えた実母」の介護生活を通して考えたことを、これからときどき発信していきますね。
 
 
今日は、認知症の義母の健康診断のお話です。
 
年末に、自治体の健康診断に行きました。
で、思ったのが、認知症の人の健康診断って、大変だなあ~ということ。
もちろん、認知症の進み具合によって違うんでしょうけれども・・・。
 
 
例えば、検尿。
ひとりでちゃんと採れるのかしらと心配になります。
 
大腸がん検査のための検便は、お医者さんから検便キットをもらいましたが、結局はできませんでした。
 
「出たら、流さないでくださいね」
とトイレに入る前に何度も伝えたのですが、歳をとっても、認知症になっても恥じらいがあるから、流しちゃうのです。
当たり前ですよね、女子ですから。
 
人間の尊厳を考えると、私はやはりできないです。
本人嫌がっているのですから。
 
嫌がる人の便の状況をのぞき込む。
そこまでして大腸がんの健康診断を実行したほうがよいのか悩みます。
 
私だったら、検査なんてしなくてもいいです。
あなたはどうしたいですか?
 
 
義母とは、しっかりしていたときに延命治療や車いす状態になったときの話はしたことがあります。でも、健康診断の話まではしなかったなぁ。
 
ある試算によると、85歳を過ぎると、女性の7割、男性の5割が認知症になるのだとか。
 
もしも、親御さんが認知症になったら・・・
もしも、自分が認知症になったら・・・
 
その時、どんな介護を望むのか。
誰が介護を担うのか。
他人事ではなく、早めに考えて、ご家族で話し合っておきましょう。
 
相続で揉めなくても、介護で家族が揉めてしまうこともありますからね。
これは切ないですよ。
 
*****
 
親御さんが要介護状態になった時の介護費用、誰か負担するか、決まっていますか?
こちらも介護で家族が揉める原因のひとつです。
★続きは、ブログをお読みくださいね。
 
 
 
*.♪。★*・゜
 
お金にまつわる不安は、どんなことでもご相談くださいね。
対面だけでなく、電話、スカイプでも行っています。
▼お問い合わせはこちら
 
▼ご相談キャンペーン、やっています!
 
▼ご相談にいらした方の感想はこちら
 
▼プライベートセミナーも承ります。くわしくはこちら
 
 
*.♪。★*・゜
 
▼お金にまつわるちょっとしたお悩み、メルマガへの感想をお待ちしています。
mail.m@my-fp.net
 
 
最後までお読みいただき、どうもありがとうございました!
本日のメールマガジンはこれにて、おひらき♪
また来週、お会いしましょう。それまで、お元気で(^^)
━━━━━━━━━━━━
本メールマガジンは、メルマガの配信登録をしていただいた方や、安田まゆみのセミナーに参加された方、安田まゆみと名刺交換をさせていただいた方にお届けしています。
今後、このようなお知らせが不要な方は、お手数ですが、下記サイトより、メールアドレス登録解除をお願いします。
────────────
◇『元気が出るお金の相談所』公式メールマガジン
────────────
発行 有限会社マイプランニングオフィス 
住所 東京都中央区銀座6-6-1 銀座風月堂ビル5F
電話 0120-8666-37(フリーダイヤル)
────────────
◇メールでのお問い合わせ
mail.m@my-fp.net
◇ブログ
◇Facebook
────────────
このメールマガジンの本文を許可無く転載・引用することは、著作権もありますので、固くお断りします。
━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) My Planning Office

このページの先頭へ