安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

離婚相談の傾向が変わってきた?!

先週お届けしたメールマガジンで、「年明けから、新規の離婚に関連するご相談が増えています」とお話ししました。

離婚のご相談をおうけしていて、最近、離婚相談の傾向が変わったなあと感じたので、今日はその話をさせてください。


526b6d45cde5b8379089ab03dea66d83_s.jpg

◆以前は、「慰謝料はどのくらいになる?」が多かった!

振り返ってみるに、以前は、
「慰謝料はどのくらいになりますか?」
という質問をいただくことが多かったです。

離婚をする前提で、
・私は慰謝料をいくら受け取れるのだろう?
・もっとたくさん慰謝料を受け取る方法はないか?
といった、お金にまつわるご相談です。
(もちろん、今でもそういうご相談はありますよ。なくなったわけではありません)

そんな方へは、慰謝料についてご説明します。
・慰謝料は誰でももらえるわけではないこと
・確実にもらえるのは、財産分与であること
・財産分与は、プラスの財産もマイナスの財産も半分ずつわけることになること
・結婚前からの貯金や相続で受けた遺産は、財産分与の対象にはならないこと

大事なことは、

「相手からいくらもらえるのか、より多くもらうか、ということだけに目が行きがちだけど、財産分与や慰謝料は、これからの長い人生にとっては、ほんの少しだけ生活の足しになるだけ。

離婚が決定しているのであれば、離婚後のご自分の生活に目を向けることが大事。覚悟を決めて、財産分与や慰謝料をあてにしないで生きていくことを考えましょう」

と励ましの言葉を添えることが多かったですね (^^)


そうはいっても、ご相談にいらっしゃる方の多くのゴールは、できるだけ多く慰謝料を受け取ること。
ですから、弁護士さんなどの知恵をお借りしながら、解決していくことが多かったです。


◆最近は、離婚に迷っている方からの相談も!

最近は、離婚に迷っている方が、「私、どうしたらいいでしょう?」といらっしゃる場合や、離婚を決めた方が、「離婚後、どういう暮らしをすれば、生活が成り立つでしょうか?」といらっしゃる場合が多いです。

離婚に迷っている方の場合は、なぜ、そんなふうに思うようなったのか、お気持ちを聞いて、状況を整理します。

そして、いま、離婚をしたら、どんな暮らしが待っているのかをできるだけリアルに想像してもらえるよう、話し合っていくことが多いです。
一緒に考える、という時間をとることですかね。

話をするって、大事です。
ぐちゃぐちゃになっている頭の中を私に話すことで、自分を客観的に見られるようになりますからね。

「夫が悪い」と思っていたけれど、もしかすると、自分にも改善の余地があったのかも、ということに気がつく方もいらっしゃいます。

それは、ご自身を責めるということではなくて、これからの人生のために、次につながる大事な振り返りとして、私はとらえています。

私との相談がきっかけで、自分を振り返り、夫と話し合い、関係を見直し、「離婚はしない」と決めて、いまは幸せに暮らしていらっしゃる方もいます。

もしくは、離婚後の暮らしをリアルにイメージしてみたら、「楽じゃない」ということに気がついて、離婚を取りやめる方もいらっしゃいます。

もちろん、自分の判断は間違っていないと確信し、離婚の決意を固める方もいらっしゃいます。


離婚に迷って相談にいらっしゃる方に対しては、私は、カウンセラーに近い立ち位置でお話しすることが多いです。
だからマネーセラピストなんですけどね。


◆「離婚後の生活が成り立つのか?」というご相談には...

一方、「生活が成り立つでしょうか?」というご相談は、一見、離婚相談のようですが、本質は、「家計の見直し」です。

暮らしが変わるきっかけは「離婚」ですが、解決したいことは、「やりくり」ですからね。

家族構成が変わる。
収入も支出も変わる。
もしかすると、住む場所も変わる。

こんな暮らしの変化に、どんなふうに対応していけばよいのかをご一緒に考えることになります。


◆変化の理由(わけ)は?

なぜ、こんな変化が出てきたのか、ちょっと考えてみましたよ。

テレビで私、
「慰謝料はそんなに受け取れるものではないよ」
とお伝えして、それでも私のところに相談にいらっしゃる方だから、慰謝料には期待をしていない方が多いのかしら?

もしくは、以前は専業主婦が多かったので、離婚は即、収入がゼロになる方が多かった。
でも、いまは働いている方も多いです。

そんな、女性の生活力も関係しているのかもしれませんね。


いずれにしても、離婚に直面していれば、気持ちが下がりがちです。

そんななかでも、せっかく私のところに来てくださったのです。
離婚のネガティブな面にだけ注目するのではなく、せっかくのリスタートですから、やりたいことを探して、自力でライフプランを切り拓く、という気持ちになってほしいと思うのです。

離婚後も生活はずーっと続きます。
私の相談が、ポジティブに向かうきっかけになると嬉しいです(^_-)-☆


★誰に相談してよいか分からないことや、誰にも相談できないことでもOK。
考えがまとまっていなくても大丈夫です。

お話、じっくりお聞きします。
安田に話すことで、ご自身の考えがまとまり、先が見えてくるかもしれませんよ。

ご相談はこちらから:ご連絡をお待ちしています


★ご相談をご検討中の方へ★
いろんなお悩みを解決した方たちが、たくさんいらっしゃいます
ご相談にいらした方の声は、こちらでお読みいただけます


★「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中★
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします


★ Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)★
2018年2月号の対談記事は、こちらからお読みいただけます


★ 好評 連載中!★

【All Aboutマネー】
お金がなくても幸せ!老後を楽しむ70代の夫婦のコツ
お金がなくても幸せなおひとり様、71歳男性の場合

【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
連載記事はこちら

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!



最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ