安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

家計における目標設定とは? ~貯蓄の目標金額だけではありませんよ~

b207ad0aa9fc7aa00b2a326972acc13a_s.jpg

先日のワンコインセミナーでも言いましたが、
「目標設定が大事だよ~」ということをいつもお話ししています。

なぜ、目標設定なのでしょうか?

老後マネーは3,000万円必要だよ~というような情報は世の中にあふれています。

3,000万円をもっていない方は、この数字を見て、ため息。
「私は無理だわ~、どんなみじめな暮らしが待っているのかしら?」
と不安な気持ちになってしまう...。

でもね、3,000万円を持っている人でも、
「ほんとうに3,000万円で大丈夫なの?」
と、懐疑的になって、やっぱり不安になっちゃうの。

要するに、なんの根拠もない「3,000万円」という数字だけが独り歩きしているように感じるのです。

ちょっと考えてみてくださいね。
ここで言う「みじめ」って、いったい、何なのでしょうねぇ。

相談者やセミナー参加者に問えば、圧倒的に、「お金の無い状態=みじめ」だというのです。

では、「お金の無い状態」とは、どういう状況を指すのでしょうか?
その答えは、人それぞれなのです。面白いですね。

みなさんに質問です。
お金をたくさん使えれば、みじめではなくなると思いますか?

よ~く考えてくださいね。

40代、50代(もちろん、もっと若い世代もおそらく)の場合、この先、昇給はそれほど期待できないし、年金も山ほどもらえるわけでもないので、老後は厳しいですよ。

なので、
「お金がなくても、これさえあれば、私は平気! 楽しいのよ~」
とか
「このことのためだったら、多少のことは気にならないわ」
と言えるものがあったほうが、心の安定にはよいと思います。

「これさえあれば!」と思えるものが、あなたの人生の「やりがい」です。
「このことのためだったら」と思えるものは、あなたの人生の目標かもしれないです。

自分のそんな思いに、どれだけ早く気が付けるかで、幸せな老後に差が出ると思います。
早く出あえれば、人生が人の倍ほど楽しめるでしょうね。

目標というと、大げさな感じがするなら、「生きがい」とか「やりたいこと」と置き換えて、すごく意識していってほしいなあと思うのです。

「私のやりたいことって何だろう?」を常に自分に問いかけていくイメージです。
例えば、雑誌を見て、「あ、これいいな!」とか、「ここに行ってみたな!」と思うものがあったら切り抜いておくとか、
他に人の人生に触れて、「あ、この人みたいになりたいな!」とうらやましく思えた人の人生を真似てみるとか、
そんなことを積み重ねていってほしいのです。

例えばね、今までご相談に来た方々の「生きがい」「楽しみ」「これさえあれば」は、
・鳥たちが楽しく過ごせる庭をつくること
・月1回の気の置けない仲間との平日の格安ゴルフをすること
・お金をかけないで滋養のあるスープを作ること
・子ども食堂のお手伝いをすること
・四季を感じられる庭園めぐりをすること
などでした。

「これさえあれば!」と思うものは、この先どんどん変わるかもしれません。
でも、それでいいんですよ。OK! OK!

人生を重ねていくうちに、その時々で大事なものが変わるのは当たり前です。
とりあえず、いまは「これ!」というものがあればよい、と考えてくださいね。

そして、「目標」とか、「生きがい」があったうえで、それをかなえるために「やりくり」をしていきましょう。

「100万円があれば、それで十分幸せを感じられる人」と、「1億円あっても不安で、不満がある人」の違いって、「目標」や「生きがい」が、自分の中にあるか、どうかではないかと思います。

「みじめな老後を送りたくない」という人は、自分の中に「生きがい」のような軸を見つけられていないので、みじめさの基準が「お金」のある・なしになってしまうんです。

残念ですけど、「お金が無い=みじめ」という、「形」しか見えていない...。

そのあたりを本人が気が付かないと、いくらお金があっても「みじめな老後になってしまう」という強迫観念からは逃れられないのかもしれませんね。

もちろんね、生きがいはあるから、お金は貯めなくてよい、という話ではありません。

お金があれば、できることの幅が広がりますから、やっぱり貯金は大事です。

40代のうちは、今から「自分の目標」を意識し、見つけ、徐々に計画を立てていく段階。
50代になると、計画も立てていかないといけないですが、加えて、もっともっとお金のやりくりに真剣に力を注ぐべき年齢になっています。

こんなことを意識して暮らしてもらえたら嬉しいです!

【毎週配信】
メールマガジンへのご登録はこちらからお願いします

集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン「OurAge」で連載中
【女50歳からのキラキラ老後計画】はこちら

★安田へのご相談は、こちらから

【ご相談者にいらした方のご感想です】
★ぜひお読みください

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ