安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

熟年離婚、最近の傾向。勢いだけの熟年離婚はタイヘン!

先週、【"離婚"にまつわる、電話無料相談会】を実施しました。

だからというわけではないのですが、熟年離婚に対して、最近特に感じるのが「価値観が違いすぎて、この人とはもうあわない。だから離婚したい」というケースが多いこと。

浮気や、モラハラ、DVなど、離婚しても仕方ないなと思えるような決定的な原因が無くても、離婚したっていいと思います。

でもね、そういう場合には、時間をかけて、話し合ったり、経済的な自立の準備をしたりしてほしいんですけどね。
結構、衝動的に考えて、相談にいらっしゃるんですよ~。

最初は、互いに「好き」から始まっているはずなのに、いつのまにか「価値観が違うから嫌になってしまう」って、...。

なんでだろうなあ。
勢いだけの熟年離婚は大変なのに...。

a0960_007981.jpgこんなこと思っていたら、動物写真家の岩合光昭さんの言葉が私のアンテナにひっかかりました。

==================
・違いを認めること
・あなたに興味を持っているという姿勢を見せること
・常に求めていることは「進化したい」ということ
==================

これは、岩合さんが動物の写真を撮るときに大事にしていることだそうです。

人間と動物は違う。
生に対する考え方が違うし、彼らには彼らの生き方がある。
同じ地球にいきているけれど、時間の経過が違う。

その違いを尊重したい、ということのようです。

岩合さんは、動物と人間との関係について言及していますが、私は人間同士も同じだよなあと思ったのです。

人間同士、みんな違う。
日本人同士だって、同じ日本人だけど、ひとりひとり違います。
夫婦も、親子も、それぞれの違いを理解して、尊重しあいたいよね。

結婚前の恋愛中は、相手のことを想い、理解しようと努めてきたはず。
たとえ「価値観」が違っていても。

そうではないですか?

それなのに、歳を重ねてしまうと、相手をわかろうとする努力を止めちゃう人が多いんですね。

「夫は私のことを分かってくれない」と言う妻。
そう言う妻は、果たして、夫と自分の違いを尊重し、夫を理解する努力をしてきたかしら?
「妻は自分をわかってくれない」と言う夫も同じです。

相手が変わることばかり期待してない?
自分を変える努力はしてきたかしら?

相手を理解するための努力、違いを認める努力を怠ったら、わかりあえないのは当たり前ですよね。

「最近、なんだかなぁ。会話も弾まないし、すれ違って、つまんないなあ」と思ったら、離婚を考える前に、ぜひぜひ、語りあってほしいなあ。
お互いの違いをもう一度理解するために。

ステキなカフェや近所の公園に散歩しながらでもいいです。
「あなたはこれから、何をしていきたいの?私はこんなことしていきたいのだけども」って、何を考えているのかを聞いてみましょう。穏やかにね。

言っても無駄!なんて思わず、やるだけのことはやってみましょう。
何回も繰り返さないと、なかなか本当のことを言わないかもしれませんけどね。

「あなたに興味を持っているよ」という姿勢を示すことを続けるようにすると、相手も少しは変化をみせることになるでしょう。
新たな発見があるかもしれません。

そういう努力をしても、ダメであれば、離婚の準備を始めてもいいかもしれないですね。
離婚は簡単ではありません。
相当なエネルギーが必要です。

お互いが経済的に豊かであれば別ですが、離婚後の生活における経済的なダメージは避けられません。ある程度、覚悟する必要があります。
それが無ければ、その後の人生がハッピーになるとは思えません。


でもね、万が一、「離婚」という言葉が頭によぎっている方がいたら、この機会にぜひ、【"離婚"にまつわる、電話無料相談会】をご利用くださいね。
次は、7月9日 (日)。完全予約制です。


【毎週配信】
メールマガジンへのご登録はこちらからお願いします

集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン「OurAge」で連載中
【女50歳からのキラキラ老後計画】はこちら

★安田へのご相談は、こちらから

【ご相談者にいらした方のご感想です】
★ぜひお読みください

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ