安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

久しぶりの『保険セミナー』

先日、勝浦で「保険の選び方・考え方」セミナーをしました。
16463677_1150404878420230_8253531333498584385_o.jpg
久しぶりのお題です。
10年前までは、比較的よくこのタイトルでやっていたんですよ(^^ゞ

1時間のセミナーでしたので、考え方の選択肢を広げられるお話にしました。
生命保険の加入について「このように考えなければならない!」なんてないんです。

本当に必要な保険って、どういうことなんだろう?
リスクマネジメントの観点からみたら、どういうことが考えられるのか?
そんなお話もしました。

セミナーの最後に、質問が出ました。

30代の男性で、共働き。子供が誕生したばかりの方です。
住宅ローンを全部自分の名義で組んでいます。
団信にも入っています。そのうえで、保険にも入っています。

わが家にとって、これから必要になる保障は?

という質問でした。ご相談に近いですけど、ね( >_<)

私はこんなふうに答えました。
「大事になるのは、妻の死亡保障です」と。


ご本人が亡くなったら、住宅ローンの返済は不要になりますが、妻が亡くなっても、住宅ローンはなくなりません。
お子さんが小さいので、ベビーシッターに保育園の迎えを頼みながら仕事を続けることになるかもしれません。

共働きの収入で住宅ローンの返済を考えているのならば、ベビーシッター代などの支出が増えますので、今まで以上に働かなくてはならなくなります。

一方で、妻の死亡保険が十分にあれば、ローンの一部繰り上げが可能になり、返済額の軽減が図れるかもしれません。
ベビーシッターなどの出費も、補てんすることができるかもしれません。
このようなことを参考にしながら、
「妻が亡くなったときに、何がどう困るのか?」を、お二人で話し合って、保険を見直してはいかがでしょうか?
とお話ししました。
それに対して彼は、
「その視点はなかった。自分に万一のことがあったらと。そればかり考えていた」
と述べてくれました。
ご相談では、保険の見直しも多いんですよ。
ちなみに私は、保険代理店ではありませんので、保険を売ることはありません。
なので、安心して、保険の見直しをお任せくださいね。

▼シングル40代女性の方の保険の選び方は?
【毎週配信】
メールマガジンへのご登録はこちらからお願いします。

【保険の見直しのご相談もお請けしています】

このページの先頭へ