安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

フリーランスは収入が不安定。こんな不安を払しょくするには?

56faf47971cee44300b2c8d0da1b9e3e_s.jpg先日、フリーランスの方向けにお金の話をしました。
★その記事はこちら

今日はその続き。
収入が不安定になりがちなフリーランスの人に、安心のためにやっておいてほしいことをお話ししましょう。


◆生活ラインを決める
フリーランスの場合、収入が毎月変動する人が多いです。
収入にバラつきがある場合、入ってくるお金が限りなくゼロでも暮らせるよう、まず「家賃と光熱費を1年分」を目標に貯めましょう。

将来の夢や老後の貯金とは別に、生活安定のための貯金です。


次に、変動する収入でも、家計を安定させるために「生活ライン」を決めていきましょう。

例えば、昨年の収入が360万円ならば、月30万円で(仕事で使う経費も社会保険料も含めて)やり繰りをすると決めていきます。これが「生活ライン」。
この金額をベースに、多ければその分貯金、少なければ、貯金から取り崩すということをやっていきます。

具体的には、こんな感じで考えます。
・50万円の収入があったときは、20万円は(生活費ストック用の)貯金をする
・収入20万円の月は、(生活費ストック用の)貯金から使う

この生活ラインの中から、一番先にお伝えした貯金をしていきます。

余裕が出てきたら、税金(所得税や住民税)や社会保険料の分の貯蓄を始めます。
税金用、国民健康保険料用、年金用と、それぞれの通帳を別にしておくとわかりやすいですよ。貯まっている感じがわかって、励みになります。

まずは生活のための貯金
  ↓
次に、仕事の経費用の貯金
  ↓
余裕ができてきたら、老後マネー用の貯金

まずは、こんなステップで進んでください。
全く貯金がないなら、月に1万円でもよいので、コツコツ貯め続けるクセをつけたいものです。

ちなみに、フリーランスの人は、一つ一つの仕事に対する報酬が入ると、頑張った自分へのご褒美をしたくなるものですよね。

「ちょっとくらいいいよね」という気持ちがよぎっても、無計画なご褒美はNG。

「月30万円でやり繰りをする」と決めたら、ご褒美も30万円のなかでやり繰りしていきましょうね。


◆制度を利用して、安心を得る
前項でお話ししたステップを踏んでも、お金が残るようになってきたら、次は制度の利用を検討しましょう。

【経営セーフティ共済】
自分の事業がうまくいっていても、「取引先の倒産」はいつ起こるかわかりません。経営セーフティ共済は、そのような事態に直面したときに活用できる仕組みです。

掛け金は全額必要経費にでき、40カ月以上掛ければ、いつでも全額返金が可能です。
(掛け金以上に増やすことはできません)

メリットは、事業のやり繰りで困ったときに使えること。
貯金感覚で掛け金を払っておけば、万が一のときはメリットを享受できます。

金融機関に預けても、利子はほとんどつかないですし、経費にもなりませんからね。


【確定拠出年金(個人型)】
老後の生活を支える新たな年金制度で、自分で掛け金の金額を決め、自分でお金を出して、自分で運用方法を決めます。

掛け金は月額5,000円から8万6,000円まで。全額所得控除になります。
(国民年金基金と併用する場合は、国民年金基金と確定拠出年金の掛け金を合計して8万6,000円が上限となります)

年金の受け取りは60歳以降。受取額は自分で決めた運用次第。
運用を失敗すると損する可能性もあります。


【生命保険】
親元で暮らしていて家賃が不要な人、稼ぎがあるパートナーがいる人など、個々の状況によって異なるので、一律に説明はできないのですが...。

考え方としては、公的制度を活用したうえで、生命保険を検討する、というイメージです。

ケガや病気で働けなくなったとき用の「就労不能保険」「所得補償保険」など、フリーランスならではのリスクマヘッジをしておくと安心です。

ただし、保険にお金を掛け過ぎて、自分のスキルアップや事業のための設備投資ができなくなったら本末転倒。
掛け過ぎ注意、ですね。


★「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中★
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします

★好評 連載中!★
【OurAge】
集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジンに、新しい記事が公開されました!
住宅ローンを繰り上げ返済すると"老後貧乏"のリスクは...

退職金で一括返済は、リスクを伴う行為です!
慎重に、計画的に取り組んでくださいね。

......という話を書いています。

【All Aboutマネー】
「老後マネー」についてお話ししました

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!

【ご相談者にいらした方のご感想です】
★ぜひお読みください
★ご相談はこちら

『ごごナマ』では、そこまでは言えなかった・・・

bb151fa2531529a157ca07deb6c7f505_s.jpg11月10日の『ごごナマ』をご視聴くださった方、ありがとうございます。
今日はテレビでは、詳しく言えなかったことを一言だけ、お伝えしますね。

それは...

◆開業には、経営者の視点が必要なんです

ということ。

退職後の暮らし方についての選択肢は、再雇用や再就職、パートやアルバイト、自営で働く(開業する)といろいろありますね。
番組では、シニアの起業にフォーカスして取り上げました。

私は、開業するときの注意点など金銭面についてお話ししましたが、お伝えできなかった大事なことがあります。
それは、自営で何かを始めるということは、「開業=起業」ですから、会社組織にしなくても、「経営者的視点」を持つべきだ、ということです。

起業するには、事業計画をきちんと立てないとダメなん
経営者の視点に立って、自分が起こそうとする事業を成功に導くために、いろいろと考えなければいけません。

シニアの開業での成功とは、規模を大きくしたり、利益をたくさん得ることではなく、家計にも家族にも迷惑をかけずに、身の丈に合った経費のかけ方で、活き活きと働ける場を作ることだと私は思います。

そんな「成功」を目指すにしても、経営者としての視点が必要です。

すべては自己責任。
会社員時代のような保証もまるでないのだという自覚が必要なんです。

例えば、お店や事務所を開くのであれば、
◎自分の手持ちの資産の中から、いくらまで経費をかけることができるのか
◎かけた経費は、いつ頃までに回収する見込みがあるか
◎赤字の間の生活費はどうするのか?
などなど。

長く働き続けられるよう、しっかりと考えて、計画を立てて始めるべきなのです。

番組で私がお勧めした「身の丈開業」であっても、経営者としての視点で、自分の事業を見ていく力がないと開業は長続きしません。

それには、起業に関する勉強が不可欠です。
学んで、計画的に準備して、それでやっと開業までこぎつけることができるのです。

思いつきではじめたら、失敗します!
シニア開業には、そういった注意すべきこともあることをお伝えしておきますね。


*番組を見逃した方に朗報です(笑)。
近く、土曜日版の『助けて!きわめ人』で、再編集されて登場する予定です。
番組サイトで告知が始まったら、メルマガなどでお知らせしますね。

『ごごナマ』出演直後のブログ記事はこちら

◆ワンコインセミナー開催します◆
詳細・お申込みはこちら

◆「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中◆
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします

◆好評 連載中!◆

【OurAge】
集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジンに、新しい記事が公開されました!
住宅ローンを繰り上げ返済すると"老後貧乏"のリスクは...

退職金で一括返済は、リスクを伴う行為です!
慎重に、計画的に取り組んでくださいね。
......という話を書いています。

【All Aboutマネー】
「老後マネー」についてお話ししました

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!

【ご相談者にいらした方のご感想です】
★ぜひお読みください
★ご相談はこちら

長かったぁ~

23319085_1405498216214265_8621378196847473331_n.jpg

本日は、NHKの「ごごマナ」生放送でした。
つつがなく、無事に終わり、ホッとしています。
観てくださったみなさま、ありがとうございました。

それにしても、長かったぁ~。

コメンテーターみたいに、一言二言ではないですもん。
50分間、出ずっぱりでしたからね。

「最初から、安田キャラ全開で、バーンといっちゃってください」
って、言われたんですけど、私ってどんなキャラ?(笑)

司会の小野塚さんからは、リハーサルで姐さんと言われているので、きっと求められているのは、きっとそういうことなのね。

楽しんでいただけて、お役に立てれば、何よりでした。

23316786_1405498196214267_958016561120614108_n.jpg

◆ワンコインセミナー開催します◆
詳細・お申込みはこちら

◆「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中◆
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします

◆好評 連載中!◆
【OurAge】
集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジンに、新しい記事が公開されました!
住宅ローンを繰り上げ返済すると"老後貧乏"のリスクは...

退職金で一括返済は、リスクを伴う行為です!
慎重に、計画的に取り組んでくださいね。
......という話を書いています。

【All Aboutマネー】
「老後マネー」についてお話ししました

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!

【ご相談者にいらした方のご感想です】
★ぜひお読みください
★ご相談はこちら

このページの先頭へ