安田まゆみの元気が出るお金の相談所公式ブログ

認知症の母への2000枚の手紙

夫は、義父が亡くなった日から認知症の義母と暮らすようになりました。
以来7年間、私たちは介護別居しています。

デイサービスに行く義母のために、夫は母への伝言メモを毎日書いています。
買い物のために一人で留守番をしてもらう時にも必ず書いています。

母への伝言写真.jpg


書かない日はショートステイの時にはや義母と一緒に旅行に行った時にはくらい。
義父が亡くなってからの7年間、年間平均280枚以上になるので約2000枚は書いていることになります。

私だったら、曜日ごとで使い回しすると思うのですが、彼は律儀に母への手紙を欠かしません。
伝言メモですが、母への手紙なのだと感じます。

以前は写真の倍くらい書いていました。
・洗濯物をしまってください。
・たたんでおいてください。
・お腹が空いたら、温めて先に食べていてください。
・今日は、まゆみと美容院に行く日です。
などなど。

今は、認知症が進んで、失禁や徘徊が始まった義母ですが、私が夕飯を担当する時に見ていると、何度も何度も、メモを声に出して読んでいます。

メモがあることで、義母が落ち着くのがわかるんです。


こんな話をしたら、心理カウンセラーをしている友人から、
「お義母様にとって、ご主人のメモは、杖であり、地図であり、時にはご自身のアイデンティティーでさえあるのでしょうね」
というコメントをもらいました。

そういえば一時期、義母が、ものすごくメモ魔になったことがあるんです。
とにかく、ノートにいろいろなことをメモしていたのね。

ところが、夫が一緒に暮らすようになった頃からは、書かなくなっちゃったんです。

今から思うと、ノートを書いていた頃は、周囲が認知症であることに気がつく前です。
義母が自分の物忘れがひどくなったことに気づき、なんとかしようとしていた時期だったのでしょう。

気丈な義母でしたから、自分の記憶がスルスルと抜け落ちていくのを感じ、抵抗しようとしていた、一番つらい時期だったのかもしれません。

自分でメモがとれなくなった現在、義母は手紙を1日に何度も何度も読み上げています。

書いてあることは、
・デイサービス 8:40~
・買い物和也がします
・4時にもどります
 まゆみいます
・和也、夕食作る
 6時半にかえる
と、その日の予定だけ。本当に簡単なメモなのです。

でも、このメモがなければ、自分が何者かさえもわからなくなるのかもしれません。
何度も読み上げるのは、「今」そして「自分」を確かめているのだと思います。

掌から砂がこぼれていくように、記憶がなくなっていくのを無意識のうちに止めようとしているのかもしれませんね。

たかがメモ、されどメモ!
義母にとっては大事な「道しるべ」になっているのです。

それにしても、毎日書くってすごいことだと思います。


★自分一人では予算立てができない方は、個別相談にいらしてください。
しっかり、サポートいたします!
ご相談はこちらから:ご連絡をお待ちしています

★ご相談をご検討中の方へ★
ご相談にいらした方のご感想は、こちらでお読みいただけます


★「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中★
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします


★ Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)★
2018年2月号の対談記事は、こちらからお読みいただけます


★ 好評 連載中!★

【All Aboutマネー】
お金がなくても幸せ!老後を楽しむ70代の夫婦のコツ
お金がなくても幸せなおひとり様、71歳男性の場合

【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
親が元気なうちにやっておくべきお金のこととは......54歳主婦、目からウロコの新発想!

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!



2018年は「予算立て」元年で!

cf166701622d753f303892cb98761047_s.jpg家計的には苦しくなるかもしれませんが、心は豊かに(^_-)-☆
今年は予算立てから始めましょう!


◆何にいくら、使っているのか、把握していますか?

ちょっと考えてみてください。
お給料の手取りは、いくらでしょうか?

家賃や管理費など、毎月必ず払っているものはどのくらいありますか?

電気や水道などの光熱費?
これは、季節変動がありますよ。

食費や日用品は、毎月どのくらい使っていますか?
外食費は?
交際費は?

などなど。

自分が何にどのくらい使っているのか、どのくらい正確にわかっているでしょうか?

「全くわからない...」という方は、これから知ればよいのです。

通帳を記帳して、毎月何にいくら、引き落とされているのか、確認をしましょう。
クレジットカードの明細も確認をして、定期的にクレジットカード経由で支払っているものがないか、確認しましょう。

季節変動がある光熱費などは、昨年の同じ月の支払額を基準に、今月の予算を決めてみるとよいでしょう。


◆把握している!と思っている方も、今年は絶対にやってください

最近ご相談にいらしたR子さんは、
「いままで、家計がまわっていたので大丈夫と思っていたんですけど、このところ、いつの間にかお金が無くなっちゃうことが増えました」
とおっしゃいました。

で、一緒に予算立てをしてみたところ、お子さんが大きくなって、おこづかいとか通学の交通費、お昼ご飯代など、雑多なお金が想定以上にかかっていたことがわかりました。

こんなふうに、予算立てって、一度決めたら終わり、ではないんです。
毎月毎月、前月の予算と実際を見比べ、反省し、微調整をしていくのが大事です。

そして、R子さんのように、お子さんが進学するなどステージが変わるタイミングや、転職などで収入が大きく変わったときは、全体を抜本的に見直すことも重要です。

家計管理がお上手な方は、うちは予算立てをしなくても大丈夫、と思っているかもしれませんが、先週もこんな話をしましたね。
 ↓ ↓ ↓
世の中はますます厳しくなっていきます。
いままでそれほど苦労せずに家計を切り盛りできていた家庭でも、だんだんできなくなってくると予想しています。

気が付いたら「火の車」とならないために、何が何でも予算立てをして、それを死守することが大事です。

今年は【予算立て・元年】(^^)v
初心に戻って、予算立てに取り組んでくださいね。


◆予算立ての期限は、【お給料日の前日】ですよ~

この予算立ては、【お給料日の前日】までに必ずやってください。

100万円マラソンにご参加の方には、年末に冬のボーナスと12月のお給料の予算立てをやっていただきました。
かなり苦しんでいた方もいらっしゃいました。

最初はそんなものです。

家計のやりくりは、ホントは40代までに、しっかり確立しておいてほしいことのひとつですが、50代の方でもやらないまま放置して、手遅れの状態で老後を迎えるよりは、ずーっとマシ(^_-)-☆

気が付いたときが、スタートのタイミングです。
いますぐ、始めてくださいね。

★自分一人では予算立てができない方は、個別相談にいらしてください。
しっかり、サポートいたします!
ご相談はこちらから:ご連絡をお待ちしています


★ご相談をご検討中の方へ★
ご相談にいらした方のご感想は、こちらでお読みいただけます

★「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中★
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします

★ Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)★
2018年2月号の対談記事は、こちらからお読みいただけます


★ 好評 連載中!★

【All
Aboutマネー】
お金がなくても幸せ!老後を楽しむ70代の夫婦のコツ
お金がなくても幸せなおひとり様、71歳男性の場合

【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
連載記事はこちら

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!



2018年も大変な1年!具体的な目標を立てて乗り切りましょう

みなさま
あけましておめでとうございます。

今年も、役立つ情報などをお伝えしてまいりますので、昨年に引き続き、ご愛読ほど、よろしくお願いいたします。

a199c469b7f790cd8a701f52ba973910_s.jpg

今年は戌年。
戌という字は、「滅」からきているそうです。

「滅びる」というと縁起が悪いですが、実際は、
「植物が育ち、花が咲き、実をつけ収穫が終わったのちに、自分の実を落として、本体の木だけは守る」
という意味があるようです。

他にも、犬の嗅覚にちなんで、「食べることに困らない」とも言われているとか。

ホントに、食べることに困らない1年になるといいよねぇ。
家計的にはますます厳しい年になるだろうなあ。

でも、増税なんかに負けてはいられません。
兎にも角にも、よい年になるとよいですね。

...もとい!

「よい年になるとよいですね」なんて、他人任せな発言はご法度です(^_-)-☆

家計的には苦しくなるかもしれませんが、心は豊かに。
自分で意識して、よい1年になるように、変えていきましょう!


◆目標は「家計を見直す」「貯金をする」ではNGですよ~


新年早々、キビシイ話になりますが、これからは、いままでそれほど苦労せずに家計を切り盛りできていた家庭でも、だんだんできなくなってくると予想しています。

物価はソロリソロリと高くなる。
でも、お給料は頭打ち。

同じ給料でも社会保険料などはジワリと増えて、手取りが少なくなる。
業績が振るわなければ、残業代が減らされて、諸手当も減らされる。加えてボーナスがぐっと減る。となると年間の収入がさらに減る。

そんなご家庭も増えるのではないかしら?


2019年には、消費税が上がる予定です。
2020年の実施になるようですが、年収800万円を超える会社員の方たちは、所得税が増えることになりそうです。
(お子さんがいる方、介護中の方など、例外はあります)

年収800万円って、手取り額は640万円くらい。
ボーナスがあることを考えると、手取りで月額40万円くらいです。

このくらいの方たちが増税対象になるってことはね、みんながやりくりを真剣にやっていかないと、ますます厳しいことになるはず(+_+)

みなさん!
2018年は、家計をしっかり見直して、貯金ができる人になりましょう!

...でもねぇ
「家計を見直す」とか、「貯金をする」を目標として掲げてもNGなんですよねぇ((+_+))


◆いままでの安田の目標は「運動不足を解消する!」ですが...これも実は効果なし!

ここでちょっと、私の目標のお話(^^)/

私、定期的に行っている血液検査で「運動不足」と指摘を受けています。
2~3年前から指摘されている深刻な運動不足です(´艸`*)ギャハ

数年前から「今年は運動不足を解消するぞ!(=運動する)」と決めてはいるんですよ。毎年ね...。
でもさ、私、「運動をする」という目標は、いままで何度も立ててきたんですよねぇ...。

それなのに、いまだに実現できていない...。
いままでもできていないのに、同じ目標を立てても達成できるわけないわよねぇ...。

で、気が付いたんです。

「運動をする!」という目標には、どんな運動をどのくらいやったらいいのか、具体性がない、ということに。


そこで、2017年は、3つのことにチャレンジしました。
・美木良介さんのロングブレススタジオに通うこと
・クライアントのスタジオで開催するヨガ(月1回)に通うこと
・正しい呼吸法を身につけるにためにボイスレッスン(隔月1回)に通う

運動をするということに目を向けて、行動を起こした点ではよかったと思いますけど、レッスンしていない日の方が多いわけですから、「日常的な運動不足を解消する」には至っていないわけで...。

...ということで、いろいろ考えて、今年はこんな目標を立てました。

「踏み台昇降運動を1日1分やる」

とってもちっちゃい目標ですが、私にとっては、このくらい小さい一歩から始めないと続けられないのです。

帰宅時間が遅くなると「今日はもう、遅い時間だから...」と、昼間にお仕事をたくさんした日は「今日はいっぱい働いて疲れたから...」と言い訳。これじゃあ、運動は続かないよね。

だから、1分。

効果が出るのは、1日に20分くらいからかもしれないけれど、運動を続けるという、「運動を習慣化する」には、ものすごく小さな行動からはじめるのが習慣化には、よいわけ。
(この小さな行動で続けられるという話は、また、別な機会に)。

今日は1月3日ですけれど、2分はやりましたよ。えへんヽ(*´▽)ノ♪


◆目標は、気楽にできる小さくて具体的なものに

で、最初の話に戻りますと、運動ができない私と、貯金ができていない人の心理は、同じ構造だと思いませんか。

つまり、運動が好きでない私が「運動をする」という目標を達成できないのと、貯金ができない人が「貯金をする」という目標を達成できないのは同じことですよね(+_+)

私は、今回、「運動をする」という目標ではダメだということに気が付き、「踏み台昇降運動を1日1分やる」という、小さいけれどとっても具体的な目標を掲げました。

2017年は、2016年に比べれば、前進したと思っていましたが、甘かったんですよ。
医者からから危機的な状況を突き付けられて、やっとまじめに運動不足の解消に本気になったのです。

まあね、もっと前から取り組んでおけばよかったと、地味に反省しているわけです。

家計もこれと同じで、「お金がない」「暮らしが成立しない」というかなり危機的な状況に陥ってから、あわてて「貯金をしよう」という漠然とした具体性を持たない目標を立てても、効果は期待できないと思います。

これからは、いままで家計管理ができていた人でも、危機に陥る可能性がどんどん増してきます。
年初から脅しているようで、本当に申し訳ないのですが、でも、これが現実なんです。

早め早めに、家計を改善するために、無理なくできる小さな目標を立ててみてください。

例えば、毎月5万円貯金ができているのでしたら「毎月5.5万円を目標にする」とか。
「支出を減らす」ではなく「1週間の食費1万円を守る」「携帯代を2人で1万円」とか。

そして、立てた目標は、必ず、死守してくださいね。


★ Forbes JAPAN(フォーブスジャパン)
2018年2月号の対談記事は、こちらからお読みいただけます


★「元気が出る」メールマガジンを毎週配信中★
読めばお金が貯まる?元気になれるメルマガです。
ご登録はこちらからお願いします


★ 好評 連載中!★

【All Aboutマネー】
お金がなくても幸せ!老後を楽しむ70代の夫婦のコツ
お金がなくても幸せなおひとり様、71歳男性の場合

【OurAge】集英社の雑誌「MyAge」のウェブマガジン
連載記事はこちら

【ママテナ】
インタビュー記事もどうぞ!


★ご相談をご検討中の方へ★
ご相談にいらした方のご感想は、こちらでお読みいただけます
ご相談の方は、こちらからご連絡ください

最近の記事

月別カテゴリー

このページの先頭へ